自動車業界向けAWSリファレンス、「WP.29 UN-R 155」対応を支援

NO BUDGET

2024-06-07 14:40

 日立システムズ、SCSK、トレンドマイクロ、VicOneは、「WP. 29 Cybersecurity対応AWSリファレンス」を無償公開した。自動車のサイバーセキュリティの国際基準「WP.29 UN-R 155」に準拠したAWS環境構築を支援する。

 同リファレンスは、Amazon Web Services(AWS)のパートナー企業が作成し、AWSが事務局として関与している。WP.29 UN-R 155で示された脅威リストと対応策の考え方や、AWS環境での実装情報を整理しており、自動車メーカーやサプライヤーなどの情報システムやサービスが同規格に準拠しているかの判断材料として活用できる。

WP. 29 Cybersecurity 対応AWSリファレンスの構成
WP. 29 Cybersecurity 対応AWSリファレンスの構成
WP. 29 Cybersecurity 対応AWSリファレンス参照による効果
WP. 29 Cybersecurity 対応AWSリファレンス参照による効果

 WP.29 UN-R 155は、国連欧州経済委員会(UNECE)の車両基準調和世界フォーラム(WP.29)が策定した自動車のサイバーセキュリティに関する国際基準。日本では、2022年7月から無線によるソフトウェアアップデート(OTA)対応新型車に適用され、2024年7月には継続生産車にも義務化される予定だ。

 コネクテッドカーは、車両とクラウドシステムが連携するため、安全な走行にはWP.29 UN-R 155準拠のクラウドサービスが不可欠だ。しかし、安全対策基準の項目は多岐にわたり、準拠性確認作業が企業にとって大きな負担となっていた。

 同リファレンスは、24の緩和策等の法規内容と、240以上のAWSサービスの調査・確認にかかる負荷を軽減する。

 日立システムズなど4社は、今後利用企業からのフィードバックを収集し、最新の規制要件を考慮しながらリファレンスを改良・更新していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]