宿泊施設運営のレアル、オペレーション効率化サービスを導入--業務状況を素早く把握

NO BUDGET

2024-06-14 07:00

 京都市内で小規模ホテルや一棟貸し京町家を中心に66棟の宿泊施設を運営するレアルは、Restartzの店舗オペレーション管理サービス「V-Manage」を導入した。親会社のインフォマートが発表した。

 V-Manageは、飲食店などの運営課題を解決するサービス。業務工程の可視化を通じて安全かつ効率的な店舗/施設運営を支援する。

 レアルでは部署や施設間の情報共有が難しく、業務の精度にばらつきが発生することがあり、管理者がリアルタイムに状況を把握できないといった課題も抱えていた。業務の引き継ぎもスムーズに行えないケースがあったという。

 今回の導入により、レアルは各部門や施設の業務状況をリアルタイムに把握できるようになり、今後業務効率とサービス品質の向上が期待される。具体的には、業務マニュアルに沿った写真やチェックシートによる報告のルール化、担当者へのタスクの明確化などが可能となった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]