PDF Report at ZDNET

GPT-4が検出する新たな脆弱性--サイバー攻撃への悪用を懸念する研究

PDF Report@ZDNET

2024-06-17 06:00

 米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の研究者らは、OpenAI の大規模言語モデル(LLM)である「GPT-4」を悪用することで、人間が介入することなくソフトウェアのセキュリティの脆弱(ぜいじゃく)性を攻撃し、悪用できるとの研究結果を2024年4月に公表した。

 ここで指摘されているのが、「1日脆弱性」が狙われるリスクである。1日脆弱性とは、既に公開されているものの、まだ修正されていない脆弱性を指し、これが悪用される可能性があるという。実際に、米国立標準技術研究所(NIST)は、1日脆弱性の87%を悪用できたとしている。研究結果によると、GPT-4 には1 日限りの脆弱性を自律的に検出し、悪用する能力が備わってしまっているようだ。

 生成AIがサイバー攻撃に加担する事例は、今後さらに増加すると考えられる。関連する記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]