マイクロソフト、「Copilot Pro」の「GPT Builder」をわずか3カ月で廃止

Lance Whitney (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2024-06-13 09:43

 Microsoftの有料人工知能(AI)サービス「Copilot Pro」で「GPT Builder」を使った人もいるだろう。そうであれば、GPT Builderに別れを告げる時だ。7月10日になると、MicrosoftはGPT Builderを永久に廃止する。少なくとも、一般ユーザー向けのCopilotについては。

 Microsoftが公開したサポートページには、「GPT」作成機能を7月10日から廃止し、さらに、Microsoftが作成したものも顧客が作成したものも含めて、すべてのGPTを7月10日から7月14日にかけて削除すると書かれている。プライバシーを考慮して、GPTに関連するデータ、GPTで収集されたデータもすべて消える。

 3カ月前の3月中旬に公開されたばかりのCopilot GPT Builderは、OpenAIの「ChatGPT Plus」にあるGPT Builderと同じような機能を持つ。いずれも独自のカスタムGPTチャットボットを作成し、自分で使ったりほかの人と共有したりできる。何らかのタスクに特化した独自のチャットボットを作成する際には、ツールが案内してくれるためコーディングのスキルや知識は必要ない。

 両者の違いを挙げるとすれば、ChatGPT PlusのGPT Builderは、作ったGPTについて、個人利用、指定した人との共有に加えて、GPTストアで公開できるという点だ。Copilot ProのGPT Builderは、個人利用と指定した人との共有しかできない。

 それはいいとして、提供を開始してからまだ3カ月しか経っていないツールをなぜ終わりにするのだろうか。Microsoftは次のように説明している。

 Microsoftのサポートページには「コンシューマー版Copilotの拡張可能性についての戦略は、絶えず評価を実施しており、コア製品のエクスペリエンスを優先している。一方で、開発者の機会には引き続きしっかりと取り組んでいく」とある。さらに、「この目的のため、GPTへの焦点を商用シナリオとエンタープライズシナリオに移し、コンシューマーを対象とするCopilotにおけるGPTの取り組みを停止する」と説明は続く。

 商用顧客とエンタープライズ顧客についてはこれから先もカスタムGPTとGPT Builderが使える可能性があるとも取れる説明だが、その点に関する詳しい説明はない。あるいはそういうことではなく、このツールが単に登録ユーザーに受け入れられておらず、サポートにこれ以上の時間と労力をかける価値はないとMicrosoftが考えているのかもしれない。

 それでは、作成したカスタムGPTを失いたくない場合はどうすればいいのだろうか。Microsoftは次のようにアドバイスしている。

 カスタムGPTを「編集」モードで開き「構成」タブを選択する。手順をコピーしてどこかほかの場所にペーストする。

 コピーした指示がどこでどのように使えるのかをMicrosoftが示していないため、最後の部分はどうも曖昧だ。ただ、少なくともデータはなんらかのフォーマットで保持される。その情報を保存しておいて、そのリクエストを実行したい場合は、通常のCopilotのプロンプトにコピーできることは確かだ。

提供:Sabrina Ortiz/ZDNET
提供:Sabrina Ortiz/ZDNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]