ベルク、従業員同士の称賛文化醸成や企業理念の浸透を支援するアプリ導入

大場みのり (編集部)

2024-06-19 13:37

 食品スーパーを運営するベルクは、現場の業務改善を支援するアプリケーション「TUNAG(ツナグ)」を導入した。提供元のスタメンが6月19日に発表した。

 ベルクは、会社と従業員、従業員同士のより良い関係性を構築し、組織力を高めることで、一層の企業価値向上を目指している。その一環として、身だしなみの基準緩和、従業員の身体的負担を軽減するレジ専用イスの設置、男性従業員の育休取得率100%宣言などの取り組みを行っている。

 同社は、さらなる人的資本の強化に向けて、現場の従業員に高いモチベーションのもと働いてもらう仕組みの構築、ビジョンや方針、方向性の明確化による変化対応に強い組織の実現に向けた施策を検討していた。同社は、従業員同士の称賛文化醸成や企業理念の浸透を推進するため、TUNAGを導入した。


 TUNAGは、従業員エンゲージメントを高める施策の複合的な実施を支援するアプリケーション。称賛文化の醸成や理念の浸透を手助けする機能を複数搭載している。

 例えば「サンクスカード」では、従業員同士で感謝の気持ちを送り合うことができ、隠れた頑張りや行動を可視化することで、モチベーションの向上が期待される。「社内ポイント」では、称賛される行いや成果に対して社内のポイントを発行できる。


 「トップメッセージ」では、経営層の関心や事業の方向性、トップの考え・価値観などの情報をタイムリーかつ直接共有でき、動画や画像などのデータも添付可能。「Web社内報」では、従業員からの情報発信や反応など双方向のコミュニケーションが可能で、TUNAG上にデータを保管することで時間や場所を問わず閲覧できる。

 ベルク 人事教育部・次長の大島敦氏は「従業員間で感謝を伝える明確な仕組みがなく、社内表彰や取り組んだ貢献に対し、その内容やプロセス、発想などの共有が図れていなかった。数多くある同様のサービスの中で、TUNAGが当社の考える取り組みに最も適しており、導入を決めた。導入に当たりまず社内制度を新設し、感謝・称賛を贈る仕組みを構築する。併せて、トップメッセージの発信を通じてビジョンの共有と浸透を図りたい」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]