Datadog、ローコード開発ツール「Datadog App Builder」を一般提供

河部恭紀 (編集部)

2024-06-20 14:49

 Datadogは米国時間6月17日、ローコード開発ツール「Datadog App Builder」の一般提供を発表した。セルフサービスアプリの迅速な開発と監視スタックへの安全な統合を可能にする。

 監視と修復に別々のツールを使うことにより、レスポンス時間が遅くなり、ダウンタイムが長くなる可能性があるとDatadogはいう。問題に対応する際、高い信頼性を持ち、十分に管理されたツールが必要になる。このようなツールは、使いやすく、コンテキストスイッチを最小限に抑えるため、問題発生時、対応担当者が監視データを精査してコンテキストを探し、ホストやほかのインフラリソースを接続し、修復を目的にコンソール間を行き来することによる時間の浪費を防ぐという。

 Datadog App Builderは、カスタマイズされた安全でスケーラブルなアプリを監視スタックに直接統合し、組織がオブザーバビリティインサイトに基づいて行動できるようにする。セルフサービスアプリの構築も可能にすることで、組織内の誰でも修復作業を迅速かつコンテキストスイッチ不要で実行できるようになる。

 ユーザーインターフェース(UI)コンポーネント、ブループリントと呼ばれるテンプレート、コネクションと呼ばれるデータ統合、そして、カスタム「JavaScript」コードをサポートすることで、アプリを数週間でなく数時間で構築できるようにすると同社はアピールする。コネクションは、メトリクス、ログ、モニターといったDatadogソースに加え、GitHub、PagerDuty、Jira、Cloudflare、OpenAI、そして、Amazon Web Services、Microsoft Azure、およびGoogle Cloud Platformのサービス群といった主要なツールやプラットフォーム向けのすぐに使える550以上のアクションも含む。

 これらのカスタマイズされたアプリは、技術およびビジネスユーザーの両方がインシデントにDatadog内で対処できるようにすることで、大規模な問題修復を加速するのを支援するという。高いクラウドコスト、Kubernetesのデプロイ失敗、システムを攻撃する悪意あるIPといったインサイトをDatadogから得た場合、アプリを使うことでコスト高なワークロードの終了、デプロイの再実行、悪意あるIPのブロックのためのアクションがワンクリックで可能になると同社は述べる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]