京都産業大、大学DX施策でAI問合せ対応窓口を設置

NO BUDGET

2024-07-04 15:20

 京都産業大学は、深層学習と自然言語処理を活用した「PKSHA AI ヘルプデスク」を導入した。同サービスを提供するPKSHA Workplaceが発表した。導入にはソフトバンクが協力したという。

 PKSHA WorkplaceのAIヘルプデスクは、FAQ(よくある質問)や社内ドキュメント検索による自動応答、有人応答への連携、対話ログからのFAQ自動生成など、問い合わせ対応業務を一気通貫で管理できる。

 京都産業大学は、ソフトバンクとDX推進に向けた連携提携協定を締結しており、スマートキャンパス化に向けてハードウェアとソフトウェアの両面から取り組んでいるという。

 同大学では、AIヘルプデスクを学生、職員、関係者全員が利用できるように大学のウェブサイトと学内で利用される「Microsoft Teams」に設置。Microsoft Teams上のAI窓口は、全部署が直接質問に回答できる設計になっているという。ウェブサイト上では学外向け情報を、Microsoft Teams上では学内限定情報を提供する。

 AIが回答できない場合は有人対応が可能で、その応答ログからFAQを自動生成することで、自動解決率の向上も図る。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]