ワークスアプリケーションズ、ERPと「Microsoft Copilot」の連携を開始

NO BUDGET

2024-07-09 11:51

 ワークスアプリケーションズは、同社の大手企業向けERPパッケージ「HUE」とMicrosoftの生成AIアシスタント「Microsoft Copilot」の連携を開始したと発表した。

 これによりHUEのユーザー企業は、ERPデータと自社の業務に最適化されたAIを組み合わせて活用でき、データの入力や繰り返し業務の効率化、自動化を実現できるようになる。

 HUEは2000社以上の大手企業に導入されているといい、個別のアドオンやカスタマイズが最小になるよう同社が顧客の要望を標準機能に組み込んできた。バージョンアップ時の追加コストもなく、ウェブブラウザーやOSのバージョンアップにも対応する。また、SaaS型サービスやECサイト、BIツールなどと柔軟に連携できる連携基盤も備えている。

 今回のHUEと「Copilot for Microsoft 365」のプラグイン連携により、例えば、「Microsoft Teams」のチャットでユーザーが質問すると、生成AIがHUEの会計データとMicrosoft 365内の資料やメールを組み合わせて回答する。これにより文章作成からデータ分析、図表作成までのさまざまな個人の作業が効率化される。

Microsoft Copilot Studio で設定した与信確認のフロー例
Microsoft Copilot Studio で設定した与信確認のフロー例

 さらに、HUEと「Microsoft Copilot Studio」の連携により、データの取得や整形だけでなく、ERPデータを活用した業務プロセスの自動化もできるとする。Microsoft Copilot Studioは、プログラミング不要で簡単な画面操作で設定できる。例えば、与信調査のフローを設定すると、生成AIが過去の取引履歴をチェックし、与信判断などを自動実行して業務を支援する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]