ソフトバンクとNEC、生体認証領域で戦略的提携--企業・自治体のDX推進へ

NO BUDGET

2024-07-10 12:41

 ソフトバンクとNECは7月9日、企業や自治体のDX推進を加速させるため、生体認証領域を中心とした戦略的提携に合意した。

 NECが提供する「Bio-IDiom Services」などの生体認証ソリューションと、ソフトバンクが提供する5Gをはじめとする通信ネットワークやセキュリティーサービスなどのソリューションを組み合わせ、顧客のニーズに合わせたサービスを提案・販売していく。スマートビルなどの入退館やセキュリティエリアでの生体認証需要の高まりを背景に、両社の強みを生かし、顧客基盤の拡大を目指す。

 ソフトバンクは2024年秋以降、NECの生体認証ソリューションを国内の企業や自治体などに積極的に展開していく。さらに、ソフトバンクはNECの「共創パートナープログラム/Digital ID」に参画し、NECや他のパートナー企業とのソリューション連携を検討する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]