ナイロン?それともレザー?--ノートPCをカッコよく持ち歩きたい

apple 2006-07-12 22:51:27

 告白しよう。わたしは「鞄フェチ」である。鞄のために生きていると言っても過言ではなく、「MacBook」を持ち運ぶためのありとあらゆるスタイルの鞄が大好きだ。ショルダーバッグでも、メッセンジャーバッグでも、バックパックでも、時と場合によって使い分けている。鞄はオシャレの一部なので、相応の扱いをする必要があると思っている。

 隙のない着こなしのサラリーマンが、「この中にダサいコンピュータが入っています!」と言わんばかりの不格好なコンピュータバッグ(色はだいたい黒)を下げているのを見るたびに、とてつもなくがっかりしてしまう。

 わたしの知人ならすでに承知のことと思うが、わたしはナイロン製の鞄が好きで、スタイルは基本的にメッセンジャーバッグ型が気に入っている(現在愛用しているのは、CrumplerTimbuk2WaterfieldChromeTom BihnBrenthavenSTM)などの鞄)。まだ購入していないが、使ってみたいナイロン製バッグもたくさんある(例えば、BooqIncaseAxioMarwareSpireTucanoOakleyなど)。

 ファッションに敏感な若者や学生向けのナイロン製の鞄なら、いろいろな色のものが山ほどあるのだが、そうした鞄は必ずしも仕事場にも適しているとは言えない。わたしも年を重ねるにつれ、保守的なクライアントや専門家に会わねばならない機会が増えた。テカテカしたメッセンジャーバッグを抱えていくのがためらわれることもままある。

 あまりにも平凡になりすぎるという理由で、定番の「ビジネス用」コンピュータバッグ(TumiSamsoniteが好例)はこれまで避けてきた。しかし、Kenneth ColeCole Haanといった人気デザイナーの定番バッグは嫌いじゃない。Ghurkaのレザーバッグなどはほんとうにすばらしいし、中でもギャリソンバッグは逸品なのだが、少なくともわたしはこれに1600ドルも支払うことはできない。

 センスのよい読者の皆さんは、「PowerBook」やMacBookをどのような鞄に入れて持ち歩いているのだろうか。特に革製の大人っぽいデザインのものがあれば、ぜひ教えてもらいたいのだが。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!