アップル、断頭台送りを辛うじて免れる

apple 2006-08-04 20:03:48

 CNETのEstelle Dumout記者とJo Best記者が、フランスの反iPod法の現状について次のような記事を書いた。

Apple Computerと他のオンライン音楽販売企業のデジタル権利管理(DRM)技術に互換性を持たせなくてはならないとして、大きな議論を呼んだフランスの著作権法が、壁にぶつかっている。同法の一部分が憲法に違反していると判断されたためだ。

 Appleが運用しているDRMを他社に公開するよう同社に命じる意図のあった同法に対して、DRMの公開を余儀なくされた企業にはその対価を支払うという修正案が提出されたという。

「情報化社会における著作権および著作隣接権(DADVSI)」法と呼ばれる同法は、ファイル共有の合法性やDRMのリバースエンジニアリングに関する解釈を二転三転させてきたが、今回はこれらの条項も完全に削除された。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!