新型第5世代iPodの新機能――旧型機種への移植に期待

apple 2006-09-18 16:40:13

 Appleが新たに発表した「強化型第5世代(ビデオ)iPod」には、興味深い機能が複数搭載されている。先行機種でも利用可能な機能を含め、新たな特徴を本稿で紹介しよう。

 新型第5世代iPodには、ソフトウェアベースの新たな機能が数点追加された。画像化された仮想キーボードによる検索(写真を参照)や、自分で登録したライブラリの高速かつスムーズなスクロール、ゲームや明度調節などがその一例だ。

060918AP.png

 ただし、ハードウェアはほとんど変わらないにもかかわらず、生産が中止されたばかりの第5世代iPodを含む先行機種で、新しい検索機能が利用できない点は残念に思う。

 ゲームや明度調節は第5世代機種でも使用できるようになっており、スクロール機能も最新のソフトウェアアップデートで追加されたのだから、検索機能を移植できないわけはない。Appleには、ソフトウェアをリリースするか、ファームウェアをアップデートして、第5世代iPodユーザーも同新機能を使えるようにしてもらいたいものだ。またこれと同様に、iPod nanoの第2世代にも検索および高速スクロール機能を移植できるはずである。

 新型第5世代iPodには、従来より60%明るさの増したモニタやバッテリ寿命の改良など、ハードウェア面での強化も施されている。これらが旧型iPodに反映できないのは理解できるが、検索の新機能はソフトウェアベースだ。ぜひとも適用の拡大を期待したい。

(Jason D. O'Grady)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR