「MacBook」がNAND型フラッシュメモリ対応に!?

apple 2006-10-03 17:42:58

 AppleInsiderによると、Intelは同社の次世代ノートブックプラットフォームにNAND型フラッシュメモリを実装する予定だという。これはつまり、(Appleをはじめとする)Intelのクライアントが、「バッテリ寿命を犠牲にすることなく、一部の処理を2倍のスピードで行うシステムを開発できるようになる」(AppleInsiderの同記事)ということだ。Intelは今年3月に開催した「Developer Forum(IDF)」で、2007年前半にリリースする予定の「Santa Rosa」ノートブックプラットフォームに、フラッシュメモリサポートを追加する可能性を示唆していた。

 わたしは2005年11月に、NAND型フラッシュメモリの利用により、「瞬時に立ち上がる」コンピュータの開発を実現するIntelの新技術「Robson」について自身のブログに記したが、今回のニュースがこれを補足してくれた。2005年12月にも、ディスクの代わりにフラッシュを用いる「PowerBook」(「MacBook」のことだが)なら、設置面積が小さくて済むといった記事も書いた。

 ノートブックをフラッシュベースにすることには、大きな意義がある。磁気ハードディスクドライブを回転させる必要がないことから(HDDでいちばん電力を食うのがこのプロセスだ)、瞬間的にマシンを起動できるし、バッテリ消費も抑えられる。現行のMacBookおよびMacBook Proと比べた場合、バッテリ寿命は約2倍に伸びると考えられるわけだ。「iPod」で市場を席巻しているAppleには、NAND型フラッシュメモリを導入する金銭的余裕がある。世界で五指に入るNANDベンダーと供給契約を結ぶことも、同社なら可能なのだ。

 わたしが長い間夢見てきた、「MacBook nano」が発売される日もそう遠くはないだろう。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!