アップル、「iPhone」の特許を申請

apple 2006-12-11 20:06:43

 2006年11月30日、Appleは「iPhone」のものと思われる特許を申請した。iPhoneは、3年前からその開発が噂されてきた、携帯電話と「iPod」のハイブリッド製品である。Appleは米国特許「#20060268528」の中で、当該のデバイスに関し、次のように記している。

 

(この特許は)携帯型コンピューティングデバイスに関するものである。同デバイスの容器は、無線信号を受信できるセラミック素材から作られている。

 

 iPhoneの外装が、「無線信号を受信できる」セラミック素材(Appleはこれを「ジルコニア」と特許に記載している)になるという点は実に興味深い。(iPodで使われている)アルミニウムとプラスチックの素材を変えたことで、Appleは、PalmOneが新しい「Treo 680」でそうしたように、アンテナをiPhoneの内部に実装できるのである。

061211AP.png

 「DiggNation」ポッドキャストを運営しているKevin Rose氏によれば、iPhoneはさらに以下の特徴を持っているという。

 

     

     

  • 新デバイスは、きわめて小型である。

     

     

  • 「OS X」の簡易版が稼働すると思われる。

     

     

  • 4GBと8GBのメモリが搭載されたバージョンがリリースされ、前者は249ドル、後者は449ドルになる見込み。本体の基本構造は、フラッシュメモリになるだろう。

     

     

  • 主要なネットワーク標準仕様をサポートし、特定のプロバイダーネットワークに依存しない。

     

     

  • SIMカードに対応。キーボードはスライド型のしゃれたデザインで、タッチスクリーンも利用できる。

     

     

  • バッテリは2個搭載され、1つは携帯電話機能用、もう1つは音楽再生およびiPod機能用となる。1台の充電器で2個のバッテリの充電が可能。

     

     

 

 そのほか、Appleが申請した特許には次のような記載がある。

 

第94項(22ページ) バッテリには、充電式のリチウムポリマー電池か、リチウムイオンプラスチック電池を使用する。いずれのバッテリでも、同デバイスを約10時間連続稼働させられる。

 

 MyiPhone.comが特許の全文を公開しているので、ブラウザから簡単にチェックすることができる。完全な特許を閲覧したい奇特な読者は、USPTOのウェブサイトを見てもらいたい。同特許アプリケーションの全条項(および図)を網羅したPDFドキュメント(2.5MB)も用意した。Macマニアにとっては、就寝前の読書にうってつけの読み物になるかもしれない。

(Jason D. O'Grady)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!