編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

「Boot Camp」が有料化へ

apple

2007-01-24 20:21

 パーティション上で本格的なWindows環境を動作させられるAppleの「Boot Camp」ソフトウェアが、間もなく一部有料になるという。2006年4月5日のリリース以来、ベータテスト状態が続いている同ソフトウェアのバージョンは、現在1.1.2bで止まっている。

 MacScoopが報じたところによると、AppleはBoot Campを有料化して、次期オペレーティングシステム「Mac OS 10.5(Leopard)」へのアップグレードを促進するつもりらしい。それにしても、ずいぶんと奇妙な販促をするものだ。

 具体的に説明しよう。Leopardには、Boot Campの最終版が無料で同梱される(129ドルのソフトウェアアップグレード料金を無料と呼べればの話だが)。現行の「Tiger」を使い続けるという倹約家で、それでもBoot Campの最終版を使いたい場合は、いくらか支払わなければならない。噂では29ドル程度になるとのことだ。

 最終版がリリースされたら、今のベータ版は突然動かなくなってしまうというわけか? やれやれ、最初は802.11nの「n税」で、次はこれか。今後に備えて、今から財布のひもを締めておかねば。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]