「Boot Camp」が有料化へ

apple 2007-01-24 20:21:06

 パーティション上で本格的なWindows環境を動作させられるAppleの「Boot Camp」ソフトウェアが、間もなく一部有料になるという。2006年4月5日のリリース以来、ベータテスト状態が続いている同ソフトウェアのバージョンは、現在1.1.2bで止まっている。

 MacScoopが報じたところによると、AppleはBoot Campを有料化して、次期オペレーティングシステム「Mac OS 10.5(Leopard)」へのアップグレードを促進するつもりらしい。それにしても、ずいぶんと奇妙な販促をするものだ。

 具体的に説明しよう。Leopardには、Boot Campの最終版が無料で同梱される(129ドルのソフトウェアアップグレード料金を無料と呼べればの話だが)。現行の「Tiger」を使い続けるという倹約家で、それでもBoot Campの最終版を使いたい場合は、いくらか支払わなければならない。噂では29ドル程度になるとのことだ。

 最終版がリリースされたら、今のベータ版は突然動かなくなってしまうというわけか? やれやれ、最初は802.11nの「n税」で、次はこれか。今後に備えて、今から財布のひもを締めておかねば。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 2/1 Oracle Java & Developers始動!

    最新のクラウド情報やテクノロジー動向をより早くより深くお伝えするために
    WebLogic Channelが生まれ変わる! すべての開発者のための情報ポータルOracle Java & Dvelopers

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!