アップル、謎のバッテリアップデート

apple 2007-05-01 14:01:49

 Appleがソフトウェアアップデートを行うと、何か裏事情があるのではと疑ってかかる読者も少なくないだろう。米国時間4月27日、Appleは謎の「Battery Update 1.2」をひそかにリリースした。同社の説明によれば、これは「バッテリのファームウェアを更新し、機能性を高めるためのもの」だそうだ。

 はたしてそれだけなのだろうか。

 BBCは、今回のアップデートにはAppleが説明した以上の目的があったと報じている。Apple自身も、「MacBook」および「MacBook Pro」ラップトップ各種の「一部のバッテリ」に「パフォーマンス問題」があることを認めたという。

 Appleはユーザー向けの注意書きの中で、同社が言うところの「パフォーマンス問題」について説明している。いくつか報告されているバッテリ問題には、バッテリパックが「物理的に変形する」という症状があり、そのほかにも次のような事象が発生しているようだ。

  • バッテリが認識されない

  • バッテリの充電ができず、消耗が速い

 Appleは、すべての「MacBookおよびMacBook Proのバッテリと、2006年2月から2007年4月までに購入したバッテリ」に同アップデートを適用するよう推奨している。また同社は、「この問題を引き起こしている原因は、現時点ではセキュリティリスクとはならない」ことを強調し、「現在のバッテリを使い続けても問題はない」としている。

 以前本ブログでも報告したが、2006年5月に初期のMacBook Proバッテリがひそかに回収されたことがあった。わたし個人は、バッテリの残量が33%を切るとマシンの電源が独りでに落ちるという現象を、2006年6月に初めて体験した。2006年8月にはこうしたバッテリの欠陥が大問題となり、それ以来、多くのブログでMacBookおよびMacBook Proのバッテリがやり玉に挙げられるようになった。

 Appleが必要以上に秘密主義的に陥っているのを見ると、訴訟沙汰に巻き込まれる可能性があるのかと思ってしまうのだが、うがちすぎだろうか。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?