今度こそ噂が真実に――Apple、サブノートブックをリリースか!?

apple 2007-05-17 15:31:40

 ブログ界の意見を一般的なものと考えるならば、Appleのサブノートブックもしくは超軽量ノートブックを望んでいる消費者は、かなりの数に上るようだ。通常サブノートブックは、しばしば光学ドライブを持たない、4ポンド(約1.8キロ)以下のコンピュータと定義される。

 Appleの新たなサブノートブックに関する噂が定期的に繰り返される一方で、同社最高の携帯型製品として多くの信者を持つ12インチの「PowerBook G4」は、いまだに堅調な売り上げを記録している。技術的にはサブノートブックとは言えないが、Appleのノートブックの中では「PowerBook 100(5.1ポンド)」「PowerBook 2400(4.4ポンド)」「Duo 2300c(4.8ポンド)」などが、美しい流線型と何よりその軽量さにおいてオススメだ。

 「Apple Insider」サイトは最近の記事でこうした噂を蒸し返し、今度のプロジェクトは本物で、近くAppleストアにも商品がお目見えするだろうと述べている。

情報筋の話によれば、Appleは2007年後半にもサブノートブックをリリースする意向であるという。あるいはこれを「Macworld 2008」に出展させる場合は、デバイスの改良にもう少し時間がかかるかもしれない。

 わたしが記憶しているかぎりでは、これまでも多くの人々がAppleにサブノートブックの開発を求めてきたが、同社がそうした声に応えたことは一度もなかった。Appleがその気になれば、大量に購入したNANDフラッシュメモリと市場における大きな需要を生かして、だれもがほしがるマシンを販売できただろう。

 なにはともあれ、ユーザーが望んでいるのはAppleのサブノートブックだが、実際にリリースされるのは「Santa Rosa」MacBookだというのが事実である。Appleのサブノートブック、読者も興味あるだろうか?

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR