「iPhone」にVPNおよび「QuickLook」が搭載されるとのウワサ

apple 2007-06-25 17:54:24

 「9 to 5 Mac」サイトで、米国時間6月29日に発売される「iPhone」に、まだ発表されていない2種の機能が搭載されるのではと噂されている。その1つ目は、VPNクライアントだ。

iPhoneには、標準的な「OSX VPN」クライアントが搭載されるだろう。同機能を利用することで、L2TPもしくはPPTPのMacintoshおよびWindows VPNサーバに、IPSEC経由で接続することができる。非常にシンプルなクライアントで、iPhoneの設定画面からセットアップが可能だ。

 もう1つの噂の機能は、「QuickLook」である。

iPhoneでは「Leopard」のQuickLook機能を使って、Microsoftの「Word」および「Excel」フィルを閲覧できるようになる。ただし、「Safari」ブラウザ上で「Google Docs」および「Spreadsheets」を使用していない場合は、同ファイルを閲覧できるだけで、編集は不可能だ。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR