「MacBook」風に変身した新「iMac」のキーボード

apple 2007-08-06 18:01:44

 新しい「iMac」キーボードという触れ込みで出回っている写真をすでに見た読者もいるだろう。キーボードの新デザインは、「MacBook」に初めて採用された新たなロープロファイルデザインへ移行したという点で、きわめて重要な意味を持っている。新しいキーボードは、アルミニウム製の超薄型ロープロファイルデザインが取り入れられたiMacの新製品とともに、早ければ米国時間8月7日にはお目見えすると噂されている。

070806AP.jpg

 新キーボードのキーは、押し込むと枠の部分と平行になる。キーの形は(従来の台形型より)直方体に近く、表の方と底の方が同じ幅になっている。底面にかけて広がっていく形ではなく、上部が正方形であるため、指に触れる面積は大きい。またキーの表面は、ややくぼんでいた旧型とは異なり、完全にフラットだ。

 ウェブサイト「Gizmodo」は、Appleの現行の109キー式キーボードと新製品とされているキーボードを、写真を使って比較している。両者の違いを見てみよう。

 

     

     

  • ボリュームコントロールがテンキー上部からF10、F11、F12の部分へ、(MacBookと同様に)エジェクトがデリートの上へ移動した(写真中の1)。

     

     

  • ヘルプキーの表示が「fn(function)」に置き換わった(写真中の2)。

     

     

  • Appleキーのロゴが「Command」に変わった(写真中の3)。テクニカルサポートの面々には、朗報だ。

     

     

  • F7、F8、F9の部分に、新しくプレイバックキー(バック、プレイ/ポーズ/フォワード)が追加された(写真中の4)。

     

     

  • F1、F2の部分に、明度を上げるキーと下げるキーが、F3、F4の部分に、「expose」と「dashboard」の2つのキーが追加された(写真中の5)。

     

     

 

 MacBookが採用している、キーストロークの浅いゴムタイプのキーはとても好きになれないと思っていたが、最近MacBook ProからMacBookに乗り換えたところ、そう悪くないことがわかった。この手のキーボードはタイプしやすいうえに、なにより静かなのがよい。MacBook Proのキーボードにしか搭載されていない機能で、非常に懐かしく思うのは、キーボードバックライトだ。黒いMacBookのキーボードは驚くほど暗いので、光量の少ないところでブラインドタッチをするのが難しくて困っている。

 新キーボードに関して、疑問に思っていることは下記の通り。

 

     

     

  • 新型のUSB接続デスクトップキーボードに、電源ボタンを復活させなかったのはなぜか? AppleがMacBookデザインへの移行を本気で考えているなら、電源ボタンを含めるべきではないだろうか。

     

     

  • 今後もMacBook(およびMacBook Pro)のキーボードは、DashboardとExposeキーが配置された新デザインを踏襲し続けるのだろうか。

     

     

  • マウスの改良もあるのか。

     

     

 

 新しいキーボードのデザインとキーの配置、読者はどう感じただろう。

(Jason D. O'Grady)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!