編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

「iPhone」の早期ユーザー、大幅値下げにショック!?

apple

2007-09-06 17:29

 Appleが米国時間9月5日に相次いで行った発表に、8GB版「iPhone」の価格を600ドルから400ドルへ下げるというものがあった。発売からわずか2カ月で(正確には5日時点で68日)、35%も値引きされた計算だ。また、4GBモデルは発売が打ち切られるという。

 同製品を早期に購入したユーザーには、かつてないほど酷な対応だ。「開拓者は矢に倒れ、移住者は土地を得る」という古い言葉を思い出した。

 AppleはiPhoneの価格を引き下げることで、同デバイスの実売数が事前の予測値に達していないことをみずから認めている。iPhoneの販売数はとっくに100万台に上ったと思っていたが、同社が5日に出したリリースによると、「iPhone販売数は9月末までには100万台の大台に乗る」のが現状なのだという。

 「iPod touch」の発売も、iPhoneのセールスが停滞し始めた証拠といえる。ZDNetの同僚(あえて名前を伏せる)が「Wi-Fiが搭載されたiPod touchがリリースされると聞いて、iPhoneを買う気はさらさらなくなった」と言っていたことからも推測できるように、iPhoneの売れ行きが落ちなければ、Appleが「電話機能非搭載iPhone」を発表することはなかっただろう。

 読者はiPhoneのディスカウントについてどう思っているのだろうか。クパチーノの本社前にたいまつでも持って押しかけるか、35%オフの大安売りに飛びつくか、どっちを取るのだろう。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]