編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

駆けめぐる“MacBook nano”のウワサ

apple

2007-11-15 17:02

 超小型Macの登場が待ち望まれるようになってから、ずいぶん長い時間が流れた。初めてのポータブルMac(と呼べるもの)が発売されてからも、人々はより小さく、より薄く、より軽いMacを欲してきた。

 「AppleInsider」サイトの情報によれば、Appleは2008年1月15日に開催される「Macworld Expo」で、超小型Macを「大々的に発表」するらしい。同ノートブックの特徴は、次のとおりだ。

  • 現在の15インチ「MacBook Pro」と比べ、50%ほど軽くて薄い

  • 光学ドライブ非搭載

  • 13インチのLEDバックライトディスプレイを実装

  • NANDフラッシュドライブもしくはハイブリッドドライブ(TBD)装備

  • バッテリパフォーマンスの劇的な向上

 価格さえ適正ならば、“nanoBook”はAppleの大ヒット商品になるだろう。いちばんの疑問は、新型マシンがプロ向けになるか、消費者向けになるかという点だ。現行のMacBook以上の馬力を必要とするモバイル常用者としては、小さめのプロ向けマシンを切に望んでいるが、一般的に歓迎されるのは価格が低く抑えられることだろう。

 従来の冷陰極蛍光バックライトではなくLEDバックライトのディスプレイを、固定型ハードドライブの代わりにSSDもしくはNANDフラッシュメモリを採用した高級な作りを見るに、nanoBookはやはりプロ向けなのではと期待してしまうのだが。

(Jason D. O'Grady)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]