ベールを脱ぎ始めたMacBook Air

apple 2008-01-28 16:56:29

 早くも「MacBook Air(MBA)」を手に入れた一部の幸せ者たちが、詳細な使用レポートをウェブにアップし始めている。例えばWalt Mossberg氏は、「美しく、確かに薄いが、欠けている機能もある」と感想を述べ、フル稼働させた場合のバッテリ寿命が3時間24分であったことを明らかにした。

 

バッテリのテストをするときは、パワーセーブ機能を無効化し、画面の明るさを最大にして、Wi-Fiを起動し、さらには音楽をエンドレスで再生することにしている。この状態で、MBAのバッテリは3時間24分持続した。一般的な状態で使用すれば4.5時間は保つと考えられ、Appleが主張している5時間に近いことがわかった。

 

 NewsweekのSteven Levy氏は「The Skinny on the MacBook Air(MacBook Airの真実)」という記事を、USA TodayのEdward C. Baig氏は「MacBook Air: The sexy kind of skinny but with some flaws(MacBook Air――細くてセクシーだが欠点も)」という記事を書いている。こんなに長いレビューは読んでいられないという読者には、「Gizmodo」サイトのMBAレビュー一覧表がお薦めだ。

 同サイトではそのほかにも、MBAをまさに箱から出そうとしている写真や、Sonyの「Vaio」とサイズを比較した写真もチェックできる

080128AP.jpg

 MBAの裏ぶたを開け、バッテリをのぞき見たいユーザーは、Gizmodoサイトのキャッシュに急いでアクセスしよう。オリジナルの記事は、評価機を分解したということで、Appleに削除されてしまっている。

 

裏ぶたは10本のネジで取り付けられている。ネジはすべてPhillipsの00番だが、長さは3タイプあった。(中略)バッテリは、9本のネジで固定されていた。

 

 一方、MBAの「Remote Disk」機能(動画再生不可、HD非対応)を徹底解剖しているのは、「Engadget」である。

 ZDNetのDavid Morgenstern氏による、MBAのテクニカルノートに関する考察も参考になるだろう。

 

MBAはノースブリッジチップを利用し、グラフィックコアにはIntelの「GMA X3100」を採用している。さらに、1.8インチのパラレルATAハードドライブ、モノラルスピーカー、4MBのフラッシュEFIブートEEPROMが搭載される。

 

 わたし自身は、米国時間1月15日にSteve Jobs氏が行った基調講演を聞いた直後にMBAを注文し、Apple Storeから同2月6日に発送すると言われた。

 読者の中でMBAをすでに手に入れた人がいるなら、使用感をぜひ教えてほしい。

(Jason D. O'Grady)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!