セルフブランディングを成功させる3つの柱

ビジスパ事務局 2011-07-15 10:00:00

 自分が進みたい方向やマーケットに碁石を置くように、一つ一つ仕事をこなしていく。一つの仕事や取材では分かりにくくても、2点、3点を結ぶことでクライアントやメディアは方向性を察していきます。

私も含めて起業家は、初期に豊富な資本があるわけではありませんので、広告などを大量に投入することはできません。一つの仕事が実績になり、2~3の新たな依頼がくる。そこから次の仕事を慎重に選択する、という流れを作ることが大切です。その流れができてくると、利益を伸ばすこと、多く売ることに集中しがちですが、もう一つ平行する別の流れがあります。仕事の量を調整しながら質を高めていくことです。そうすることによって、「売ると買う関係」から、「お互いを大切に扱う」という関係に転換されます。

「お互いを大切に扱う関係」ができ始めると、強引に売り込むというエネルギーに時間や労力をつかう必要がなくなってきます。そのぶん、自分の社会的認知のされかたにエネルギーをつぎ込むことができようになる。その社会的認知こそがセルフブランドです。ブランドが高まると「大切に扱う関係」も、さらに深まるという相乗効果が生まれます。こちらがクライアントの要望を聞くだけでなく、クライアントも要望を聞いてくれるようになり、健全な関係が築けます。

■ブランドイメージをかためる
 ~初めてのクライアントや初対面の人に信頼してもらえるために~

しかし、当然ですが、いくら仕事や露出するメディアを選ぼうと思っても、声がかからなければ出番はありません。私は大きなプロダクションに所属しているわけではありませんので、マネージャーや営業担当が仕事をとってくるなんてことはありません。自分の進みたい方向だけでなく、どれくらい次のステップに進む力があるのかを知ってもらうのも大切です。

私がまず最初におこなったブランディングは、次の3つの柱です。

●知らせる情報を整理する(美意識をもって、洗練させる)
●イメージを管理する(転載されることを前提でイメージを発信する)
●ティージング(焦らす)

知らせる情報を整理する
最近では、ブログやツイッターでの失言で立場を失う、そんなことはめずらしくありません。じつに多くの人が情報を発信することに気をつけていると思います。しかし、公式のサイトやブログ、書類としてつくられた資料に余計なフレーズを掲載したことによって自分で自分のブランドを下げてしまっていることには、多くの人が気がついていません。リスクマネージメントとしての情報管理は個人も企業もしっかりとしていますが、ブランディングとしての美意識をもって洗練された情報になるように整理が必要です。

イメージを管理する
最近はコンピュータをはじめデジタルカメラなどの機器が普及したおかげで、さまざまなことが記録されるようになりました。その反面、さまざまな写真やイラストなどがネット上などで無限に転載されています。現状ではイメージの転載を防ぐ手だてではあまり多くはありませんが、一番最初にデジタル化されるイメージを整理することはそんなに難しくはありません。また、イメージをどんなプロセスでどんなふうに公開したらいいかなどの具体的な方法も解説していきます。

ティージング(焦らす)
最後に、骨董や美術の世界では「目垢をつけない」という言葉があります。「本当に売りたいものは、店頭など人の目に触れる所には置かない」という発想があります。たとえば、ある骨董品や美術品が、ずっと店頭に置かれたままであれば、そこを通りかかる多くの人が長い間売れていない、ということを認知します。

また、誰かが買い、家に飾ったとしても「ああ、それは○○店で並んでいるのを見たことがある…」といわれれば、価値が半減したような気がしてしまいます。それが「目垢」がついた状態です。そうかといって、「露出をしない」と「売れない」わけですから、資本主義はむずかしい(笑)。

現代は、マスメディアだけでなく、サイトをはじめブログやツイッター、Facebookなど、誰もが気軽に、すぐに発信チャンネルを持っています。だからこそ、何をどのチャンネルでどのタイミングで公開していくかが、ますます大切な時代になってきています。

前田 知洋
クロースアップ・マジシャン。プライムタイムの特別番組をはじめ、100以上のテレビ番組やTVCMに出演。新聞、雑誌などの取材記事は多数。LVMHグループ企業からブランド・アンバサダーに任命されたほか、歴代の総理大臣をはじめ、各国大使、財界人にマジックを披露。著書に『知的な距離感』(かんき出版)『人を動かす魔法のことば』(日本実業社出版)『新入社員に送る一冊』共著(日本経団連出版)ほか。
ビジスパでは、様々なジャンルのプロフェッショナルを目指す方、世界に注目されたい起業家の方に向けて、今までマジックのタネ以上に秘密にしていた、一歩踏み込んだブランド活用法を紹介するメルマガ「Magical Branding-セルフブランド活用法-」を執筆中。

※この記事は有料メルマガ配信サービス「ビジスパ」で配信されたメルマガの中から選んだコンテンツを編集しお届けしています。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]