編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

2006年の「珍妙技術」暫定ワースト10

btl

2006-04-03 18:59

 本稿では、CNET.comが選ぶ「2006年版(今のところは)ワーストテクノロジー」を紹介しよう。年が明けてからまだそれほど経っていないのに、すでにばからしい製品が山のように世へ出てきている。とはいえリストには、過剰宣伝されたことで割を食ったまともな製品も含まれている。

最も出来の悪かった製品デモ Intelの音声作動リモコン

マメという名前がつけられたMP3プレイヤーのワースト1位 「Sony Walkman Bean

完全に肩すかしに終わった「隠し玉」 「Microsoft Origami

誇張がひどかった発表 Appleの「楽しみイッパイ、新製品!

最短寿命バッテリを搭載するラップトップPC 「Acer Aspire 3000

消防車と見まごうばかりの真っ赤な製品(MP3プレーヤー部門) 「Wolverine Data MVP(120GB)

消防車と見まごうばかりの真っ赤な製品(ラップトップPC部門) 「CyberPower Xplorer

リビングルームで使用する製品としてはあり得ない名称 「Biohazard Media Center Xpress

CNETの読者に最も愛されなかった製品 「Nokia 770 Internet Tablet

利用すると逮捕される可能性があり、かつPCをクラッシュさせるおそれのあるおそろしいサービス 「Kazaa 3

(Dan Farber)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]