2004年の携帯端末OSシェア

dp 2005-07-29 20:42:58

 IDCの発表によると、2004年は、コンバージド・モバイル機器上で動作するオペレーティングシステムの55.9%をSymbianが占めたという。この市場におけるSymbianのシェアは、2009年には60%近くに達する見込みだ。また、MicrosoftのWindows Mobileプラットフォームの2004年時点でのシェアは12.7%だったが、これも2009年には17.3%まで伸びると予測されている。一方、2004年には11.3%だったLinuxのシェアは、2009年には17%近くになりそうだという。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!