米CIOらの収入が増加傾向に

dp 2005-08-08 19:53:33

 CIOの給与が、CEOのそれに近いレベルまで上がってきている。

 (IT関係幹部や企業幹部向けのオンライン誌である)Baselineが行った年収調査によると、米国では大企業のCIOが受け取る年収が、前年よりも平均して50%近く増加しているという。この増加の主な要因は、多額のボーナスだ。Baselineのシニアエコノミストによると、これらの技術担当幹部は、「非常に高いビジネススキルを発揮したため」、このように収入が大きく増加したという。

 CIOの中で一番の高額所得者は、Lehman BrothersのJon Beymanだった。同氏は、年間590万ドルという巨額を稼いでいる。

 CIOの収入に見られたこのような増加傾向は、組織におけるCIOの役割がますます重要になってきていることの裏付けである。だが、Baselineも指摘しているように、これはそんなに頻繁に起こるようなことではない。というのも、このところ(米国の)技術者市場は横ばいなうえ、外国人労働者との競争が増えているからだ。

(Chris Jablonski)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?