SOHO企業数、2009年末までに2310社に

dp 2006-01-26 21:55:35

 IDCによれば、SOHO(Small Office/Home Office)企業の総数は、2009年末までに2310万社に達する見込みだという。どちらの業務形態においても、携帯電話/PC/インクジェットプリンタは非常に高い浸透率を見せている。モノクロレーザープリンタは、家内企業(ホームオフィス)より小規模企業(スモールオフィス)で多く利用されているが、カラーレーザープリンタの価格が下落してきたことで、こちらも両企業の間で普及が進むと考えられている。同様にLANの利用率も小規模企業の方が高いが、数年以内には、ネットワークを活用する企業がどちらのカテゴリにおいても急増するだろう。オンライン家内企業と比べ、オンライン小規模企業はホームページを持っている割合が高いが、ホームページを運営している家内企業の方がオンラインで多くの売り上げを上げている。

(ZDNet Research)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?