アメリカで目指すならこの職業--1位はソフトウェアエンジニア

dp 2006-04-14 13:27:48

「Money Magazine」が米国内の最良の仕事トップ50を発表した。以下に10番目までを紹介しよう。なお、カッコ内はそれぞれ10年後の成長率予測と平均年収である(出典:CNN Money)。

1. ソフトウェアエンジニア(46.07%/8万427ドル)

2. 大学教授(31.39%/8万1491ドル)

3. 投資アドバイザー(25.92%/12万2462ドル)

4. 人材管理(23.47%/7万3731ドル)

5. 医療助手(49.65%/7万5117ドル)

6. 市場リサーチアナリスト(20.19%/8万2317ドル)

7. コンピュータおよびITアナリスト(36.10%/8万3427ドル)

8. 不動産鑑定士(22.78%/6万6216ドル)

9. 薬剤師(24.57%/9万1998ドル)

10. 心理学者(19.14%/6万6359ドル)

(ZDNet Research)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!