編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

スパムの作成と中継でアジアとアメリカが不毛なトップ争い

dp

2006-04-21 19:10

 Sophosの調べでは、スパムメールの42.8%がアジア地域から送信されたもので、次に多く見られたのが北アメリカの25.6%だったという。スパムを中継している国のトップはあいかわらず米国で、全体の25.6%。中国および香港がこれに続いて21.9%、韓国が3位で9.8%となった。

(ZDNet Research)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]