無線音楽配信サービスが大ブレイクとの予想――2010年までにユーザー数は5000万人、収益は1億ドル超へ

dp 2006-06-19 20:35:38

 無線経由(over-the-air:OTA)の音楽配信サービスの登場は、携帯電話ユーザーにとっては音楽を購入する至極便利な手段の、音楽業界にとっては将来性のある新たな流通経路の出現を意味している。一般的な利用率はまだ高くないものの、IDCの予測によると、米国内の無線音楽配信サービスのユーザー数は2010年に5000万人を突破し、売り上げも10億ドルを上回るようになるという。同サービスの提供が始まった2005年から、わずか5年でこれだけの成長を遂げると考えられているのだ。

 IDCが実施した調査では、適当な携帯端末を所持していると推測される全対象者のうち22%が、サービス利用開始から1カ月以内に少なくとも1曲を購入する可能性があると答えている。また、25歳から44歳までの回答者の8%は、4曲以上の購入を予定しているという。IDCのアナリストは、この年齢層の中でも、特にデジタル音楽サービスを初めて利用する人々が、無線経由音楽配信サービスのコアユーザーになると見ている。一方、音楽再生機能を実装した携帯電話の出荷数は、2010年までに出荷される全携帯電話の約6割を占めるようになると、IDCは予想している。

(ZDNet Research)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!