「Gmail」をもっと便利に使う新機能

google 2006-07-10 22:31:31

 「Gmail」アカウントをより身近な存在にすることのできる、2種の新しい機能を紹介しよう。Gmailのソースコードからもこれらの機能が動作することは確認済みだが、大半のユーザーが利用しているアカウントでは、同機能を有効にする変数が「false」に設定されていることと思う。

 1つ目の機能は、シングルクリックですべてのスパムを削除する機能だ。これまでは、スパムを「すべて選択」して「削除」するといった作業を、スパムを一時保管している全ページに対して行わなければならなかった。現在は、「すべてのスパムを削除する」機能が利用できるので、管理にかかる時間は従来よりもはるかに短くなった。

 

ソースコードは「d=(g?u("Delete all spam messages now","dal" ,true):"")」

 

deletespam.gif

 2つ目の機能は、つい先日見つけたばかりのもので、フィルターを作成し、既存メッセージに適用できるという機能。一般的には、フィルターを作成した場合、新たに受信するメッセージにだけ適用されて、古いメッセージは対象にならない。同機能を利用すれば、現在Gmailを利用しているユーザーは、古いメッセージでも明確な基準に従って管理することが可能になり、新しいユーザーは、早急にフィルターを作成する必要に迫られることなく、アカウントの利用をすぐ開始できる。人気ブログ「Google Operating System」には、この新機能でできるようになることの一覧が掲載されている。

 

ソースコードは「

 

google-filters.gif

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR