スパマーに電子メールアドレスは教えない――「Google Pages」の旧機能が復活

google 2006-11-20 21:37:11

 1カ月ほど前のことになるが、「Google Pages」からある機能が削除されたのを覚えているだろうか。異なるアドレスを持つ複数のウェブページを作成できるという機能だ。このたび同機能が復活し、別個のURLのウェブサイトを最大5件まで作れるようになった。

 GoogleがGoogle Pagesを立ち上げた当初、スパムボットがウェブサイトのURLに着目し、電子メールアドレスをかき集めている点を、多くのユーザーが非難していた。例えば、わたしのサイトのURLは「http://gootch2.googlepages.com」なのだが、スパムボットはここからわたしの電子メールアドレスを簡単に割り出せる(gootch2がアカウント名なのだ)。実際に「inurl:googlepages.com」でGoogle検索してみたら、50万件以上もの結果がヒットした。

 今回のアップデートでは、メインサイトを公開しない設定が可能になっている。すなわち、スパムボットに電子メールアドレスを取得される可能性も低くなるわけだ。

061120GO.png

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!