グーグルで宇宙へ

google 2007-01-09 19:05:42

 Googleが、Large Synoptic Survey Telescope(LSST)の望遠鏡建造プロジェクトに加わった。「Google Earth」で地球上をくまなく探検できるように、だれもがスペーストラベルを経験できる日が近づいている。

 

この望遠鏡が完成すれば、暗黒物質ダークエネルギーの謎を解明できるだろう。高速で変化したり移動したりする物体に、映画スクリーンのような「窓」を開けて中をのぞくことが可能になるのである。超新星爆発や、危険性が指摘されている直径100メートル以上の地球近傍小惑星、はるか遠くのカイパーベルト天体だって観察できるのだ。(UANews.orgより引用)

 

 GoogleのJon Murchinson氏は、金銭目的でプロジェクトに参加したのではないと述べる一方で、こうしたサービスの提供が本格的に始まれば、利益はおのずと生み出されるとした。

 LSSTの望遠鏡は2013年に完成する予定で、全宇宙空間をスキャンし、毎晩30TB(テラバイト)のデータを蓄積していく。それらの情報の保管および処理が同プロジェクトの難所となるが、ここでGoogleが重要な役割を担うわけである。同様のプロジェクトに「Celestia」というものがあり、おそらくはGoogleが実現するであろうサービスをすでに提供している。

 American Astronomical SocietyのスポークスマンStephen Maran氏が予想しているとおり、「近い将来、Googleはオリオン座の隣に商品の宣伝スペースを設けるようになる」はずだ。

0109GO.jpg

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?