編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

グーグル、検索トップ&結果ページの新インターフェースをテスト

google

2007-03-26 19:43

 「Google」サイトで長い間(少なくとも劇的には)公式な変更が加えられてこなかったものといえば、古き良きトップページと検索結果ページである。Googleがこれらをいじったり、新たな要素を追加したりすれば、ユーザーはすぐに気がつくはずだ。

 「Google Blogoscoped」サイトのTony Ruscoe氏によれば、一部のユーザーは、サービスリンクの表示方法が変更されたGoogle検索サイトを使い始めているという。新フォーマット(画像参照)では、検索ボックスの真上ではなく、ページの最上段にそうしたリンク(イメージ、映像、ブログ、ニュースなど)が配置されている。Google系サイトすべてが新フォーマットになっているとの情報からも、これがかなり大きな変更のテストだとわかる。

070326GO.png

 本来なら自分の目でテストの様子を確かめたかったが、Ruscoe氏が入手した画像を見るかぎりでは、新デザインはGoogleが求めている一貫性を持っており、同社の無数のサービスをアピールするのにも適した形態であるように思える。新フォーマットを運用するということは、新しい操作の手順を提案することを意味するわけだが、利用性の専門家はユーザーを新方式になじませるのは簡単ではないと指摘している。

 現時点では、「イメージに関する情報が必要な場合は、検索ボックスの上のリンクをクリックする」という操作が定着している。十分に機能している操作だが、すべてのGoogle系サイトにサービスリンクのバーが配置されるようになって以来、ほかのサービスへの注目を効率的に集めるには、ユーザーにページの左上隅を見てもらわなければならないようになっていた。

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]