モバイル版「YouTube」、発進!

google 2007-06-19 14:15:01

 「Googlified」サイトのHaochi氏が、「YouTube」のモバイル版が登場したと報じた。すでに利用できる状態になっているが、携帯キャリアとパケット無制限利用契約などを結んでいなければ、おそろしい通信料が発生することを覚悟しておこう。アクセスして最初に現れる画面でも、そのことをわかっているかと念を押される。わたしが住んでいるカナダでは、パケット無制限プランはいまだに月額100ドルほどするので、とても手が出ないが。

070619GO.png

 

「YouTube Mobile」は、大量のデータを扱うアプリケーションです。追加課金を回避するため、携帯電話サービスプロバイダーに無制限データ通信プランを申し込んでおくことを強くお薦めします。(YouTube Mobileの最初の画面より)

 

 メインサイト以外の経路を介してコンテンツをユーザーに届けるようになったYouTubeは、確実に利用者層の裾野を広げつつある。YouTubeは単純なウェブサイトからサービスを始めたが、その後あらゆるサイトにビデオプレーヤーを埋め込めるようにし、数カ月前には携帯電話向けのモバイル版が発表され、「AppleTV」との提携によりテレビにまで進出を果たすことになった。残すところは、専用の「Wii」チャンネルくらいではなかろうか。

 Haochiはサイトで、「Adobe Premiere Elements」を利用した「YouTube Remixer」にも言及している。デスクトップ用のビデオ編集ソフトウェアがなくても、手持ちの映像にタイトルやキャプション、翻訳などを加えることができる機能だ。YouTubeに関して1つだけ確かに言えるのは、同サービスは常に変化し続けているということだ。他者との競い合いを辞さない、活気あるサービスだと言える。

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?