「Google Earth」にフライトシミュレータを発見!

google 2007-09-04 17:11:34

 既存のものと比べれば性能ははるかに劣るものの、「Google Earth」の最新版にフライトシミュレータ機能が隠されていることがわかった。とはいえ、初めてのお試し版としては、悪い出来ではない。使用できる飛行機は2種類用意されており、複数の空港に離着陸させることができる。Google Earthアプリケーション本体で人気に火がついた衛星写真も、むろん利用されている。

070904go.jpg

 飛行機はジョイスティックで操縦できるが、キーボードも使える。多少やりにくいが、おもしろいことは確かだ。自分が住む街の上空を飛んでみたいが、「Microsoft Flight Simulator」を購入するまでもないと考えているなら、Google Earthを立ち上げて(「検索」ボックスを選択しないように)、ctrlボタン、altボタン、「a」のキーを同時に押してみよう。機能が正しく起動すれば、飛行機と空港を選択する画面が現れる。

070904go2.jpg

 くれぐれも言っておくが、格の違うMicrosoft Flight Simulatorとは比較してはいけない。衛星画像を使った無料のフライトシミュレータとして、気軽に楽しめばよいのだ。いつかはMicrosoft製品を凌駕するものになるかもしれないし、ならないかもしれない。

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!