編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Mac対応「Google Gadgets」、間もなく登場!

google

2007-11-29 16:29

 Googleは米国時間11月29日、「Google Desktop」のMac対応版をリリースする。これでMacユーザーも、従来のバージョンでは利用できなかったガジェットをインストールできるようになる。はじめのうちは、ダッシュボードというものを持っているMacユーザーがはたしてサイドバーを必要とするのか疑問だったが、ダッシュボードの中にガジェットがインストールされるとわかり、納得がいった。

071129GO.png

 これまで開発者は、自作のガジェットをMac上でも動かしたいと思った場合、「Amnesty Generator」などのツールを使って移植をしなければならなかった。そんな必要も、もうなくなる。

 ガジェットは、厳密には「汎用的」とは言えないものの、そうした状態に近づきつつある。現時点では「iGoogle」と「Google Desktop for Windows」に対応しており、今度はMacをサポートするのだ。少し前までは、ガジェットを開発する際は、iGoogle用のバージョンとGoogle Desktopのサイドバー用のバージョンをそれぞれ用意しなければならなかった。だが今は、1種類のアプリケーションを製作すれば、どこでもきっちり動いてくれる。

 残念ながら、ガジェットをLinux上で動作させることはまだできない。しかし、Google DesktopのMac版とLinux版が3カ月差でリリースされた経緯を考えれば、Linuxをサポートするバージョンがいずれ登場すると期待するのも、あながち的はずれではないだろう。

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]