Mac対応「Google Gadgets」、間もなく登場!

google 2007-11-29 16:29:40

 Googleは米国時間11月29日、「Google Desktop」のMac対応版をリリースする。これでMacユーザーも、従来のバージョンでは利用できなかったガジェットをインストールできるようになる。はじめのうちは、ダッシュボードというものを持っているMacユーザーがはたしてサイドバーを必要とするのか疑問だったが、ダッシュボードの中にガジェットがインストールされるとわかり、納得がいった。

071129GO.png

 これまで開発者は、自作のガジェットをMac上でも動かしたいと思った場合、「Amnesty Generator」などのツールを使って移植をしなければならなかった。そんな必要も、もうなくなる。

 ガジェットは、厳密には「汎用的」とは言えないものの、そうした状態に近づきつつある。現時点では「iGoogle」と「Google Desktop for Windows」に対応しており、今度はMacをサポートするのだ。少し前までは、ガジェットを開発する際は、iGoogle用のバージョンとGoogle Desktopのサイドバー用のバージョンをそれぞれ用意しなければならなかった。だが今は、1種類のアプリケーションを製作すれば、どこでもきっちり動いてくれる。

 残念ながら、ガジェットをLinux上で動作させることはまだできない。しかし、Google DesktopのMac版とLinux版が3カ月差でリリースされた経緯を考えれば、Linuxをサポートするバージョンがいずれ登場すると期待するのも、あながち的はずれではないだろう。

(Garett Rogers)

 

 

原文へ

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!