編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

某MSよりはるかに安い! グーグルの新企業用メールシステム

google

2008-02-08 18:15

 会社が「Microsoft Exchange」を使っており、「Exchange Hosted Services」の導入を真剣に検討しているのだが、設置から運用までにコストがかかりすぎると頭を抱えている人に朗報だ。新たな選択肢が現れたのである。

 少し前のことになるが、GoogleはPostiniと呼ばれる企業を買収した。同じ名前の「Postini」サービスは、メールサーバ用のファイアウォールのようなものだ。Postiniは送受信されるすべての電子メールを見張り、適当と思われる処理を施す。Microsoft Exchangeを含むいずれのメールサーバとも、シームレスに連係できるシステムである。これまでは、Google Appsの登録ユーザー以外は、Postiniを利用できなかった。

 だがここへ来て、Google Appsを申し込んでいるいないにかかわらず、あらゆる企業がこうした強力な機能の恩恵に預かれることになった。コストが高いのではないかって? いやいや、対応するMicrosoftサービスよりはるかに安い。最もベーシックなパッケージ(シンプルなメッセージフィルタリング機能)でも、Microsoftは1ユーザー当たり年額21ドルを徴収している。同等のものが、Googleでは1ユーザー当たり年額3ドルなのだ。いちばん高価なパッケージは、Microsoft(1ユーザー当たりのアーカイブ容量はたったの3.6GB)が同103ドル、Googleが同25ドルである。

 企業にとっては、メールシステムを一から新しくするより、一部を取り入れる方がずっと容易であることから、こうした取り組みの意義は大きいと言える。企業にGoogle Appsを利用してもらうきっかけにもなるだろう。

(Garett Rogers)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]