編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

「Android」、モバイルカンファレンスを席巻

google

2008-02-12 17:48

 今週からバルセロナで開催されている「Mobile World Congress ‘08(MWC)」で、「Android」が旋風を巻き起こしている。Texas Instrumentsをはじめとする複数の企業が、Androidオペレーティングシステム対応の製品プロトタイプを発表したが、人々はそれでもまだ満足できていないようだ。イベント参加者が目にした試作品の数々が「Engadget」サイトに掲載されているので、チェックしてみてほしい。

 Android自体はいまだに初期ベータの域を出ていないが、早晩リリースされるソフトウェア開発キット(SDK)の新版がそうした状況を一変させるだろう。聞いたところによると、ユーザーインターフェースもバルセロナのMWCに出品されたのとは別物になる可能性があるという。

 ドキュメンテーションの質が水準より低く、有益な事例も少ないため、開発が進むにしたがって、同APIは扱いが相対的に難しくなっている。Russell Shaw氏は、こうした「ダメダメなコード」がGoogle陣営の頭痛の種になっていると指摘しており、わたしもその点には同意する。サードパーティに対し、完全にオープンになっているシステムで、ドキュメンテーションがまずく、コードの出来も(少なくとも現時点では)よくないというのは、普及を目指す新たなOSにとっては非常にやっかいだ。

 とはいえ、基本的にユーザーは携帯電話のOSなどを気にしておらず、途中で乗り換えを考えるケースも少ないことから、これはそれほど大きな障害ではないと思う。もちろん、サードパーティアプリケーションが利用しやすくなり、広まっている現状に鑑みて、いずれはマルウェアが問題化するおそれは十分にある。Android開発コンテストに何かを出品する気があるなら、ウイルス/アドウェアスキャナーを作ってみてはどうだろう。優勝が狙えるかもしれない。

(Garett Rogers)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]