「Android」、モバイルカンファレンスを席巻

google 2008-02-12 17:48:58

 今週からバルセロナで開催されている「Mobile World Congress ‘08(MWC)」で、「Android」が旋風を巻き起こしている。Texas Instrumentsをはじめとする複数の企業が、Androidオペレーティングシステム対応の製品プロトタイプを発表したが、人々はそれでもまだ満足できていないようだ。イベント参加者が目にした試作品の数々が「Engadget」サイトに掲載されているので、チェックしてみてほしい。

 Android自体はいまだに初期ベータの域を出ていないが、早晩リリースされるソフトウェア開発キット(SDK)の新版がそうした状況を一変させるだろう。聞いたところによると、ユーザーインターフェースもバルセロナのMWCに出品されたのとは別物になる可能性があるという。

 ドキュメンテーションの質が水準より低く、有益な事例も少ないため、開発が進むにしたがって、同APIは扱いが相対的に難しくなっている。Russell Shaw氏は、こうした「ダメダメなコード」がGoogle陣営の頭痛の種になっていると指摘しており、わたしもその点には同意する。サードパーティに対し、完全にオープンになっているシステムで、ドキュメンテーションがまずく、コードの出来も(少なくとも現時点では)よくないというのは、普及を目指す新たなOSにとっては非常にやっかいだ。

 とはいえ、基本的にユーザーは携帯電話のOSなどを気にしておらず、途中で乗り換えを考えるケースも少ないことから、これはそれほど大きな障害ではないと思う。もちろん、サードパーティアプリケーションが利用しやすくなり、広まっている現状に鑑みて、いずれはマルウェアが問題化するおそれは十分にある。Android開発コンテストに何かを出品する気があるなら、ウイルス/アドウェアスキャナーを作ってみてはどうだろう。優勝が狙えるかもしれない。

(Garett Rogers)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!