グーグルの「Google 音声検索」その実力を探る

後藤 康成 2009-12-09 16:19:25

12月7日に「Google 音声検索」の日本語機能がリリースされた。早速 iPhone にアプリをインストールし、その実力を試してみた。

iPhone へのインストールの方法は以下の通り

  1. App Store を開き、Google Mobile App で検索してアプリケーションをインストール
  2. アプリケーションを開き、[設定 → 音声検索] をオンに設定
  3. アプリケーションの検索ボックスの横に、マイクのアイコンが追加されます。

「Google 音声検索」は文字通り、話した言葉で検索してくれるサービスである。
iPhone から Google Mobile Apps を起動し音声検索のボタンを押す。あとは iPhone に向かって喋るだけだ。(もちろん滑舌よく喋るのがコツだが。)

この「Google 音声検索」は難しい読み方の漢字など、iPhone のソフトキーボードで入力する手間がかかる場合に威力を発揮することは容易に想像できるが、それ意外にもいくつかのおしゃべりパターンを試してみた。

まずはオフィスの住所から
「とうきょうと みなとく きたあおやま にの ななの にじゅうろく」と喋る。
「東京都港区北青山 2-7 -26」と認識され、検索結果に該当住所の Google Map が表示される。音声認識の能力はかなり高く、これまでは Google Map を起動し住所をキーボード入力していたがこの手間が省ける。

 

次に路線検索を試す
「がいえんまえ から とうきょう」と喋る。
「外苑前 から 東京」と認識され、検索結果に現在時間を基準とした路線検索が表示される。これはかなり使えそうだ。すばらしい。(これで終電間際に酔っ払ってキーボード入力に しどろもどろ することがなくなった。)

 

 

最後にお店探し
「いたりあん」と喋る。
「イタリアン」と認識され、なんと現在位置から近いイタリアンレストランを検索結果として表示してくれる。現在位置がベースとなっているところがモバイルデバイスとして威力を発揮するところである。

このように、「Google 音声検索」の日本語認識能力はかなり高く、Googleのサーチ能力と相まって期待以上に利用価値があることがわかった。むしろ感動に値するすばらしいアプリケーションだと思う。当然 Android 版もリリースされており、「Google 音声検索」はスマートフォンの利用価値を高めてくれるアプリケーションである。

後藤康成(ごとう やすなり)
フィードパス株式会社 CTO 兼 feedpath Calendar 事業統括
シリコンバレー・ベンチャーを経て2000年ネットエイジ入社。ネットビジネスのインキュベーション案件およびテクノロジー投資案件などを担当。技術開発担当取締役、ngi group 執行役CTOを歴任しビジネス&テクノロジーと幅広い経験を持つ。2005年クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパスを設立する。ブログエンジン、Zimbraの日本市場展開。現在ビジネススケジューラーのfeedpath Calendar事業統括を担当。 著書として「Web2.0 BOOK」など。自身のブログはBlogot Twitterアカウントは feedpath

[PR]スマートフォーンで利用できるグループカレンダー
iPhone/Androidで利用できるクラウド型グループカレンダー「feedpath Calendar」を利用しませんか? 月額利用料がなんと200円/アカウントから! >>詳しくはこちら

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

2件のコメント
  • 後藤康成

    FIO-KeyBOさんコメントありがとうございます。
    実際日常的に作業をするオフィスのデスクおよびストリートにて、iPhoneと5センチから10センチくらいの距離からしゃべってみました。
    また、大阪弁などは試していませんが、滑舌良く喋る事、急がず喋る事で認識率はかなり高くなりました。

    2009年12月10日

  • FIO-KeyBO

    世界中の携帯電話の10%には音声認識機能が搭載されていると聞きますが、実際に使用している人は少ないようです。理由は、ご認識が多いという事なんでしょうけど、ご紹介の内容を読む限りでは、かなり使えそうな印象があります。 実際にモバイル環境(暗騒音レベルが高い)で試されたのでしょうか、また大阪弁や名古屋弁のアクセントで標準語をしゃべっても大丈夫なんでしょうか? にわかには信じがたいですが、ようやく実用に耐える音声認識が登場したと考えていいのかな〜、、大手企業が何十年も掛けて実現できなかった事をなぜGoogleがすんなり実現出来るのか、その当たりを詳しく知りたいところです。
    - 今だに直接入力に拘るFIO-KeyBOより.yi.;

    2009年12月10日

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]