クラウドアプリケーションは100円〜200円の時代へ突入 - あなたの会社はまだパッケージですか?

後藤 康成 2010-03-13 08:37:30

前回の「グーグルの「Google Apps Marketplace」がもたらすSaaSビジネスのパラダイムシフト」の文末で、「企業向けSaaSサービスプロバイダーやISV'sはビジネスモデルの転換を迫られる事になるだろう」というエントリーをしたが、今回はその続編である。

数年前と比べると企業向けクラウドアプリケーション(SaaS)のサービス価格のトレンドは明らかにリーズナブルな価格となってきている。企業向けクラウドアプリケーションは、メールやカレンダーのように全従業員向けに提供するサービスと。SFAやCRMなどのように部門特化で提供するサービスと分かれる。SFAなどの部門特化型サービスは導入アカウント数が少ないこと、ソリューションが明確であること、導入効果が直接企業の収益に直結することから、価格的には1アカウント当たり月額数千円から数万円というレンジが相場となっている。全従業員向けサービスは従業員数が費用に比例することから部門特化型サービスに比べて安価であり、1アカウント月額800円から1500円台というのがこれまでの相場であった。

Google Appsが1アカウントあたり年間6,000円(月額500円)で提供し初めてから月額百円台の価格が全従業員導入型の企業向けクラウドアプリケーションの価格帯となってきている。この価格帯になると、100名の規模の会社でも年額60万円とリーズナブルな価格で導入が可能となるためにパッケージ導入よりもクラウドアプリケーションを選択する。

現在も価格は低下傾向にあり、Google Apps Marketplaceで提供されるサービスを見てみると、会議スケジュール共有サービスの「TimeBridge Meeting Manager」は1アカウント当たり月額12ドルと日本円にして1アカウントあたり月額1000円前後で利用可能となっている。 PCとクラウドストレージを同期するサービスの「Memeo Connect for Google Apps」は1アカウント当たりなんと年額9ドルである。

僕らフィードパスは3年前からクラウドアプリケーションを展開しているが、このような価格トレンドをより早くキャッチし、100円台前半というリーズナブルな価格でクラウドアプリケーションを提供している。

3月1日にサービスを開始した企業向けメッセージング&共有ストレージサービスの「feedpath Rooms」は月額100円から200円のレンジで提供。昨年11月にサービスを開始した、グループカレンダーサービスの「feedpath Calendar」は1アカウント当たり月額200円から270円のレンジで提供している。(4月末まで1アカウント当たり月額100円からのキャンペーンを実施中)。

feedpath Calendar
feedpath Calendar

feedpath Rooms

例えば月額200円の「feedpath Calendar」を50名の企業で1年間導入した場合、なんと年額12万円という驚異的な低価格でカレンダーサービスが利用できる。

このような価格帯で販売すれば薄利多売のビジネスと思われがちであるが、今もなお、サーバーハードウェアやストレージ、ネットワーク帯域などのいわゆるチープ革命は進んでおり、1アカウント当たりのインフラ原価も同様に低下していることから、十分な利益が確保できるのである。さらに今後は日本においてもクラウドプラット・フォームが本格的に普及することから、クラウドアプリケーションの価格帯もさらにリーズナブルになるであろう。

なお、feedpath Roomsの価格決定のプロセスについては、僕の個人ブログであるBlogot「feeedpath Roomsの事業開発裏話」に掲載している。

後藤康成(ごとう やすなり)
フィードパス株式会社 CTO 兼 feedpath Calendar 事業統括
シリコンバレー・ベンチャーを経て2000年ネットエイジ入社。ネットビジネスのインキュベーション案件およびテクノロジー投資案件などを担当。技術開発担当取締役、ngi group 執行役CTOを歴任しビジネス&テクノロジーと幅広い経験を持つ。2005年クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパスを設立する。ブログエンジン、Zimbraの日本市場展開。現在ビジネススケジューラーのfeedpath Calendar事業統括を担当。 著書として「Web2.0 BOOK」など。自身のブログはBlogot Twitterアカウントは feedpath

[PR]スマートフォーンで利用できるグループカレンダー
iPhone/Androidで利用できるクラウド型グループカレンダー「feedpath Calendar」を利用しませんか? 月額利用料がなんと200円/アカウントから! >>詳しくはこちら

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

2件のコメント
  • got

    後藤です。コメントありがとうございます。
    ご指摘頂いたとおり、「Memeo Connect for Google Apps」は月額9ドル』は年額9ドルでしたので修正いたしました。「TimeBridge Meeting Manager」については1アカウントあたりの表現としました。ご指摘感謝いたします。

    2010年03月14日

  • いたさん

    『PCとクラウドストレージを同期するサービスの「Memeo Connect for Google Apps」は月額9ドル』は年額9ドルでは?
    「TimeBridge Meeting Manager」は月額12ドルですが、月額100円というのは、1アカウント単位ではないのでしょうか?

    2010年03月13日

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]