iPhone 4ファースト・インプレッション - 発売日イベントで見た奇麗なシェルケースと解像度の違い

後藤 康成 2010-06-24 23:30:16

松村太郎さん主催のiPhone 4発売日のTwitter飲みイベント「iPhone 4 #twinomi supported by moboff.jp」が原宿・CLUHで開催されたので参加してきました。

40名から50名程度の参加者の中でiPhone 4ホルダーは10名程度の方々、かなりモテモテの状態でiPhone 4のデモンストレーションが行われていました。


FaceTimeのデモをしている松村さん

僕は、今回のiPhone 4は残念ながら発売日入手できなかったので、iPhone 4ホルダーの方からちょいと借りて、実際手に取って触ってみましたが、そのエクステリアは、まさにガラス工芸品のような仕上がり(実際に表も裏もガラスでできているそうです)であり、スマートフォーンとは思えないくらいすごく奇麗でした。Appleのインダストリーデザインの美学がそこにありました。カメラ、iMovie、Mapなどの代表的なアプリをiPhone 3GSやHTC Desireなどと比べながら操作してみました。特にカメラは連写できるくらいシャッター間隔が速く、性能的には文句なしです。Mapのレンダリングスピードも3GSと比べて明らかに速くなっています。

イベントのプレゼンの中で目を引いたのは、TUNEWEARさんのiPhone 4専用のシェルケースです。SOFTSHELL for iPhone 4とeggshell for iPhone 4が紹介されました。

SOFTSHELL for iPhone 4は、ゴムのような柔軟性とプラスチックのような耐久性を兼ね備えた、TPU素材を採用したiPhone 4用ケースです。TPU素材は、半透明の物を採用し、iPhone 4背面のアップルロゴが美しく浮かび上がります。eggshell for iPhone 4は、特殊成形技術により実現した、まるで着けていることを感じさせず、成形上のつなぎ目が全くない超薄型のiPhone 4用ケースです。素材にはポリカーボネートを採用しています。

iPhone 4のアクセサリも今後どんどん発売されそうです。iPhone 3G/3GS同様にiPhone 4のアフターマーケットも熱くなりそうです。

さらにiPhone 3GSとiPhone 4の解像度の違いについてのプレゼンも行われました。ドットレベルで拡大し比較した画像が公開されました。明らかにiPhone 4のほうが高解像度ですね。


ベースとなるアイコン画像


iPhone 3G でズームしたピン


iPhone 4でズームしたピン

後藤康成(ごとう やすなり)
フィードパス株式会社 CTO 兼 feedpath Calendar 事業統括
シリコンバレー・ベンチャーを経て2000年ネットエイジ入社。ネットビジネスのインキュベーション案件およびテクノロジー投資案件などを担当。技術開発担当取締役、ngi group 執行役CTOを歴任しビジネス&テクノロジーと幅広い経験を持つ。2005年クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパスを設立する。ブログエンジン、Zimbraの日本市場展開。現在ビジネススケジューラーのfeedpath Calendar事業統括を担当。 著書として「Web2.0 BOOK」など。自身のブログはBlogot Twitterアカウントは feedpath

[PR]スマートフォーンで利用できるグループカレンダー
iPhone/Androidで利用できるクラウド型グループカレンダー「feedpath Calendar」を利用しませんか? 月額利用料がなんと200円/アカウントから! >>詳しくはこちら

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]