feedpath GadgetがGoogle Appsプラットフォームで2万ユーザーを達成

後藤 康成 2011-01-12 08:13:15

Google AppsのGoogle カレンダーをグループカレンダーに拡張するfeedpath Gadgetは昨年末に利用者数が20,000ユーザーに達しました

feedpath Gadgetは、サービス開始から1ヶ月で10000ユーザーに達しましたが、20,000ユーザーに達するまでには3ヶ月弱を要したことになります。Google AppsをプラットフォームとしたWebアプリケーションとしては、この20,000ユーザー達成はコンシューマー向けWebサービスの200,000ユーザー以上の価値があると考えています。

今回利用者数の推移をグラフ化してみました。feedpath Gadgetは広告費用は一切使っておらず、それにも関わらず、日々順調にユーザー数は増加しています。増加の要因を3つに分析してみました。

1. Google Apps Reseller間でのクチコミ

このユーザー数増加はクチコミが大きな効果をもたらしています。利用者間でのクチコミもそうですが、Google Apps Reseller間でのクチコミが大きく作用していると聞きました。

2. Google Apps MarketplaceでのSEO

年末にこのブログにエントリーした「2010年総括:Google Apps Marketplaceの成長と今後の課題」にも書いていますがGoogle Apps MarketplaceでのSEO効果も大きいと考えています。

3. YouTubeでのデモムービー

デモンストレーションのムービーおよび、スタートアップ手順のムービーをYouTubeにアップしています。これも導入の後押しをしているものと思われます。

feedpath Gadgetは今後も機能追加、改善を行いグローバルでGoogle Appsのスタンダード・グループカレンダーとなることを目指します。

後藤康成(ごとう やすなり)
フィードパス株式会社 CTO 兼 feedpath Calendar 事業統括
シリコンバレー・ベンチャーを経て2000年ネットエイジ入社。ネットビジネスのインキュベーション案件およびテクノロジー投資案件などを担当。技術開発担当取締役、ngi group 執行役CTOを歴任しビジネス&テクノロジーと幅広い経験を持つ。2005年クラウドからビジネスアプリケーションを提供するフィードパスを設立する。ブログエンジン、Zimbraの日本市場展開。現在ビジネススケジューラーのfeedpath Calendar事業統括を担当。 著書として「Web2.0 BOOK」など。自身のブログはBlogot Twitterアカウントは feedpath

[PR]スマートフォーンで利用できるグループカレンダー
iPhone/Androidで利用できるクラウド型グループカレンダー「feedpath Calendar」を利用しませんか? 月額利用料がなんと200円/アカウントから! >>詳しくはこちら

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]