SAPはオープンソースに負けないか

飯田哲夫(Tetsuo Iida) 2006-02-27 00:11:09

サンフランシスコにて開催されたオープンソース・ビジネス・カンファレンスにおいて、SAPのマーケティング担当役員であるPeter Graf氏が、オープンソースのビジネス・アプリケーションはいずれ使われなくなるだろう、という主旨の発言を行ったというニュースについて。

その発言

ZDNetUKによると、Peter Graf氏の発言主旨はこうだ。企業統合が進み、顧客企業によるサプライヤーの絞込みが進むなか、オープンソース・ビジネス・アプリケーションは利用されなくなっていくと考えられる、と。ZDNetの原文は以下の通り。

A wave of consolidation is sweeping the IT industry, and many open source business applications will be left behind when customers pare down their suppliers, an SAP executive predicted Wednesday.

記事にも書かれているが、ERP領域のオープンソースというと、CompiereやOpenMFG、CRM領域ならSugarCRMといったところが知られている。一方で、商用ERPに限れば、Oracle陣営が買収の混乱に揺れる中、SAPが一人勝ち続けているといった構図である。

Oracleとの対比

Oracleは、データベース・レイヤーからアプリケーション・レイヤーへ進出しつつあるが、データベース・レイヤーにおいてはオープンソースの脅威への対策を打っている。その手法の良し悪しはここでは議論しないにしても、エントリーモデルの無償化や、MySQLを取り巻く最近の話題は、明らかにオープンソース・データベースを意識したものである。

また、OracleがFusion MiddlewareのSAP対応をしているあたり、プロプリエタリーな領域の構築による囲い込み路線から、徐々にオープン路線へとビジネス・モデルも転換を図りつつあるように見える。

SAPはオープンソースにも勝つのか

一方、SAPの強気発言は、当然ながら自らのビジネス・パフォーマンスに対する自信から出ているだろう。それも発言の場がオープンソース・ビジネス・カンファレンスなのだから大胆この上ない。ZDNetのオープンソース・ブログも否定的な反応だ。

しかし、Peter Graf氏の発言は、オープンソースの力が高く評価されている今だからこそ、改めてオープンソースの真価を考える機会を与えてくれたものとも捉えることも出来る。OSのレイヤーから徐々に上がってくるオープンソースの適用領域が、本当にビジネス・アプリケーションの領域においても広く受け入れられるようになるのか、という議論である。

アプリケーションは、ビジネス・ソリューションに近づくほど、その実現機能はニッチになり、ディベロッパーの関心を広く集めることが困難になる。であれば、企業がオープンソースとしてコアを開発し、エクステンションをユーザー企業やITベンダーに任せるようなモデル、あるいは、全て企業が開発し、ライセンスを無償にしてサポートで収益を上げるような、サブスクリプションに近いモデルの方が現実的であるかもしれない。

また、オープンソースが適するか否かは、顧客側の市場構造も影響してくるだろう。あまりに大手と中小の要求機能が異なれば、一つの商用ソフトがその全てをカバーすることは困難になる。SAPも中小へと攻勢を強めているが、そのレイヤーの要求機能がオープンソースで十分に満たされるとすれば、オープンソースが中小企業のレイヤーから徐々に攻めあがってくるシナリオも考えられる。

とは言え。。。

ここで、何か結論を導こうとは思わないが、Peter Grafの発言にある、IT企業の統合がオープンソースを劣後させる、というのは間違いであると思う。ERPのようにサプライヤーの選択肢が極端に減ってくると、顧客は特定ベンダーへのロックインが強まるため、オープンなものへの期待感が高まる。ゆえに、サプライヤーの減少というのは、むしろオープンソース登場の素地を作り上げることになる。つまり、SAPの強さそのものがオープンソース登場の素地を作り上げているとも言えてしまうのである。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

2件のコメント
  • Kei-z

    OSSのメリットに、それぞれのニーズに合わせて簡単にコード書き換えができる、というのはあまり言われてませんがあると思います。本文にも書いてらっしゃいますが、「企業がオープンソースとしてコアを開発し、エクステンションをユーザー企業やITベンダーに任せるようなモデル」ですね。

    アドオンが簡単にできるという面で、開発側の収益の議論はおいておいて、顧客からはかなり受け入れられるような気がします。

    2006年02月27日

  • zak

    SAPの場合、ご指摘の通りOSSも脅威かもしれませんが、
    実はユーザー企業との情報の非対称性の減少も脅威に
    なってくるのではないかと思います。

    日本国内のERPビジネスに関して言えば、欧米と異なり、
    アドオン(=追加開発)の費用が利益に貢献しているの
    は周知の事実です。そこで「顧客がSAP導入費用が高す
    ぎると認識している」という仮説があるとすると、、、

    業務ソフトウェア開発の技術がコモディティ化してきた
    り、顧客の学習効果、過去の反省(ERPの導入費用の適
    正化)などにより、自ずとユーザー企業との情報の非対
    称性が小さくなるようになり、その結果、利益貢献の高
    いアドオン開発の収益率が下がりそうな気がします。

    そうなると、パートナー企業のうまみが減り、パートナ
    ーがライセンスを売りたがらない、という状況が起こっ
    てくるのではないでしょうか。そうなると、たとえば
    SAP導入をやっていた側から、顧客側に入る社員も増加
    することが予想されます。

    やはり、市場の調整、つまり、儲けすぎたものは必ずそ
    の反動が起こるのは事実で、OSSにしろ、ユーザの学習
    にしろ、そういう現象が起きてきた時に、投資家に対し
    て説明のつくビジネスモデルを提示できないとならない
    んでしょうね。

    いずれにしろ、市場を席巻した者のみ持つ悩みであるこ
    とには変わりはありませんが。

    2006年02月27日

SpecialPR