編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

OracleとSun - 対極的な二つの買収

飯田哲夫(Tetsuo Iida)

2008-01-20 00:33

それぞれ大きな話題となっているOracleによるBEA買収、そしてSunによるMySQL買収。同じに日報道されたこの二つの買収は、ある意味対極をなすものと解釈できる。

OracleによるBEAの買収は、商用ソフトウェア・ベンダーによる商用ソフトウェア・ベンダーの買収である。一方、Sunは、オープン化されたSolarisに焦点を絞ると、オープンソース・ベンダーによるオープンソース・ベンダーの買収ということになる。

Oracleは、ビジネス・アプリケーションのストックを増やし続けており、それらを連携させていくことで、顧客を強力にロックインすることが出来る。これにより、ライセンス・ビジネスとサポート・ビジネスを安定的に拡大することが可能となる。BEAの買収は、ミドルウェア層の強化に資するものとなり、アプリケーション間の統合をより容易にする。

一方、Sunは、Solarisのオープンソース化戦略に見られるように、顧客をロックインするというよりは、誰でも自由意志で使える状況を作り出し、その結果として関連する製品販売やサービス販売に繋げるモデルである。もともと商用であったものをオープン化するという大きな戦略転換を行った結果である。そして、オープンソース・データベースとして、類似のビジネスモデルを持つMySQLを買収した。

両社のソフトウェア・ビジネスに対するアプローチは全く異なるものであるが、今回の買収はそれぞれのアプローチに合致しているという点で違和感はない。かつて、OracleがMySQLを買収するという話題があったが、その時にしっくりこなかったのとは訳が違う。

さて、どちらのアプローチが正解なのだろう? 顧客にとっては、両方のアプローチがバランスを取っている状態が一番メリットが大きいように思うが。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]