IBMとTATA、どっちがよりアメリカ的か?

飯田哲夫(Tetsuo Iida) 2008-05-07 23:42:00

三浦半島へ釣りに行くと、魚が釣れずに三浦大根、キャベツ、獅子唐、カボチャなどの野菜をしこたま買い込んでくることがある。これは果たして釣りに行っているのか、それとも野菜を買いに行っているのか? 同様に、IBMとTATAとでは、どっちがアメリカ的な企業と言えるのだろうか? (全然同様ではありませんが) 

TATA財閥と言えば、最近ではその自動車部門がジャガーを買収するなど、インド・ブランドからグローバル・ブランドへと脱却しようとする意思が強く見られる。5月5日号のBusinessWeek誌の記事”IBM VS. TATA: WHICH IS MORE AMERICAN?”(リンクは、そのオンライン版。若干内容は異なっている模様)は、そのコンピューター部門であるTCS(Tata Consultancy Services)をIBMと比較して、どちらがよりアメリカ企業的であるかを問うものである。

TATAとIBMの逆転現象

記事によれば、2008年の1-3月期、TCSは実にその売上の51%を北米に依存している。一方のIBMは、逆にその売上の65%を海外で上げている。しかも、この間にIBMはインドでの売上を41%伸ばし、インドにおけるNo.1テクノロジーベンダーの地位を確立しているという。

結果的に、景気が低迷する北米をメインマーケットと位置づけるTCS等のインド系ITベンダーが軒並み減速傾向を示す中、当の米国IT企業の雄であるIBMは、新興国でのサービスビジネスを拡大することで好調を維持した。

どちらがアメリカ的か

そう問われれば、北米をマチュア・マーケットと見て、新興国への進出を積極化したIBMの方が、むしろよりアメリカ的であると言えるだろう。しかし、IBMにそうした行動を取らせたのは、グローバル化の過程において北米をメイン・マーケットと見定めたTCSを始めとするインド系ITベンダーであったのではないか。

ちなみに、過去の実績を見る限りにおいて、私が三浦半島へ行くのは、どちらかと言えば野菜の仕入であるようだ。

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?