IP-PBXとIPテレフォニーシステム (2)

iptelephony 2005-10-06 10:00:00

 今日はIPテレフォニーの話から少し脱線して、なぜタイトルを「IP-PBXとIPテレフォニーシステム」にしたのかをお話ししたいと思います。

 IP-PBXの意味は知っている方も多いと思いますが、「IP対応のPBX」という意味です。では、PBXの意味は何かというと「Private Branch eXchange」の略であり、日本語にすると「構内交換機」となります。これは、「(ある1つの)構内用の電話交換機」という解釈ができますので、アバイアのIPテレフォニーのコンセプトとは異なります。

 前号で説明した「DEFINITY」という従来型のPBXとして販売していた製品に関しては、IP-PBXと呼ばれることに異議はないのですが、2001年に発表したIP600という新しいアーキテクチャを採用したシステムには、似つかわしくない呼び方でした。なぜなら1つの構内を飛び越えて(それこそ日本を飛び越えて)、複数の拠点を1サーバでサポートする画期的なコンセプトを持っていたからです。したがってIP600という製品の正式名称は、「IP600 Internet Protocol Communicatons Server」に決定しました。

 個人的には「PBX」ではなく「サーバ」とさらっと呼んでしまうことが、逆に悪いイメージとならないかと当時は危惧しましたことも事実です。なぜなら交換機とサーバという言葉を比較した際に、サーバのほうが信頼性が低いように感じられたからです。しかもネットワークはTDM型ではなく非同期のIPネットワークを活用しますから、なおさらです。実際、その当時は「企業が使用するインフラ機器として、使い物になるのかいな」と冷静に見られていた方が、大勢いらっしゃったかと思います。

 今では、アバイアはIPテレフォニーという言葉を使用しています。ただしこれもテレフォニー(電話)という言葉はあまり似つかわしくないようにも感じます。なぜならEメールを音声で読み上げたり、インスタントメッセージをサポートしているシステムは、テレフォニーという言葉では括りきれなくなっているからです。

 このように、メーカーの人間は、製品への思いも相まって言葉の使い分けにこだわってしまうところがあります。しかしその一方でIP-PBXと言ってしまった方がユーザーの理解が早く、その言葉を使うことも多々あります。

 タイトルの意味も説明できたので次回からはまた元のお話に戻りたいと思います。

(橋村信輝)

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?