「BPMの三つの側面」に追記

宇野澤 庸弘(うのざわ つねひろ) 2010-10-12 00:54:22

本Blogの最初の投稿(8月6日)に「BPMの三つの側面」という投稿をしました。 その投稿のベースは米国のBPM関連WebのBPTrendsからでしたが、一週間前に、別のBPM関連WebのBPMInstituteで、同じような記事を見つけました。 以下一部を紹介します。

BPMに関する著作が沢山ある米国でも、BPMに対して、「BPMて何?」(”What exactly is BPM?") の問いはまだまだ頻繁にあるようです。そこでBPMInstituteのMark Treat氏は、次の四つの面からなると云っています。

1.経営の規範

2.ビジネスプロセス(BP)を管理するプロセス

3.IT技術の集まり(set)

4.迅速な(rapid)アプリケーション開発フレームワーク

です。先の「三側面」と同様の事と読めますが、より明確になって面白く感じます。 二つのBPM関連のサービス提供Webが期せずして同様の事を云っている事は偶然の一致でしょうか?  米国国内での何かを表しているのかもしれません。 面白いのは、「BPMは何?」への解答は、「質問者の立場に依る」との著者Markの解答です。

少し読み進めますと、BPの対象を end-to-end work と云い、BP を次のように詳記しています。

end-to-end business process across organizational silos and legacy systems

如何ですか?

先日、某損保系情報子会社のY社長とお話をした際、日本では BP(busienss Process)そのものが理解できてないとのご指摘。おっしゃる通りです。上記の英語の説明では如何でしょうか?勿論 end-to-end も色々考えられますが、原材料から製造・販売・運搬そしてお客様へなんて結う事ではないでしょうか。

そんな風にBPを考えると、色々な事が出てきます。それらが今までのIT技術(ITシステム)の範囲外だと感じれたならば、BPMは結構理解されたことと思います。BPMの発想、手法構築はそこからスタートしたのではないかと思っています。

 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]