Process Knowledge Initiative(PKI)の設立 110121

宇野澤 庸弘(うのざわ つねひろ) 2011-01-04 00:22:23

BPTrendsは、米国のBPM関連のWeb情報サイトの一つ。BPMのサイトは沢山あるがその中でも最右翼の一つです。無料の登録で、毎週push型でメイルが配信され、BPM関連の各種レポート・最新の話題などを提供してくれます。

主筆のPaul Harmonの巻頭記事は、毎回BPMの本質をいろいろな角度から光を当て、課題提起・啓蒙示唆をしており興味深く読むことが多いです。

昨秋に突然、Process Knowledge Initiative(PKI)を設立するとの記事があり、12月にはその報告/第二弾としての記事があったので紹介します。

昨年10月に米国を中心にPKIProcess Knowledge Initiative)の設立の呼びかけがなされ、活動をスタートしました。

PKIは一言でいうとBPMに焦点を当てたBoKBody of Knowledge)作成組織で、発起団体(人)は次の5つです。

  BPTrend  / BPMに関する情報提供のWebサイトです。

  IIBA  / ご存知のBABOKの制定機関です。

  OMG  / これもご存知の標準団体、BPMNの標準化でBPMにも積極的です。

  QUT  / Queensland University of Technology(オーストラリア)、BPM専門学部を持っており、BPM研修も充実しています。

Kemsley Kemsley : 著名なBPMアナリシスト

PKIProcess ManagementのオープンソースなBoKを構築していくための産業界・学会が協調してすすめていく組織です。PKIのビジョンとして、関係者全員が参加し構築されるビジネスプロセスのコミュニティを目ざしています。

現在、次の3つのグループが編成されている。メンバーは上記5団体からを中心にIBM、大学、コンサル企業等から選ばれています。

  -Technical Integration Team Members

   -Methodology Advisory Board Members

   -Technical Advisory Board Members 

当に米国らしく、皆のボランティアとスポンサーシップでオープンにPKIを推進しその成果もオープンです。

BPMの実現には、ただ単なるシステム構築という域を超え、BPMの関係各者の経験・知財の集積が必要という事

でしょう。PKIは勿論、広く国際視点で進められていくでしょうが、日本では作られたものをただ単に翻訳して、それを使えば大丈夫という領域ではありません。

日本ではどうするか?、我々の事として考え行きたいものです。 

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]