鬼寮長とノウハウつけます--「BPオンデマンド」

村田聡一郎(Soichiro Murata) 2010-10-27 08:11:00

前々回の記事(四十にして惑わず――「ナレッジ系」ビジネスはまだまだアリ)で、『オフィスワーカーつまりBtoCでなくBtoE分野を見ると、「ナレッジ系」の成功例は驚くほど少ない』と書いた。そしてもちろん、私たちリアルコムは、その第一号になるべく、いくつかのビジネスモデルを世に送り出している。

そのひとつの形が、「ベストプラクティス・オンデマンド(BPオンデマンド)」である。

BPオンデマンドとは何かというと、まあひとことで言えば、「SharePointおよびExchangeのホステッドクラウド」サービスということになる。そう、流行りのクラウドである。

SharePointのクラウドといえば、ご本家マイクロソフトさんがBPOSあらためOffice 365を提供している。月額1000円前後と圧倒的な安さで人気のBPOSはいわゆるSaaSの代表格だ。では、BPオンデマンドはBPOSとどう違うのか?そして、BPオンデマンドがなぜ「ナレッジ系ビジネス」なのか???

-----

いきなり唐突なたとえ話で恐縮だが、BPオンデマンドは「社員寮」だ(笑)。

高度成長期、日本企業はこぞって社員寮あるいは社宅を持っていた。住宅事情がよくない中、比較的良質の住環境を安価に提供することで、社員がより健康に・幸せに(そして会社への忠誠心を持って)働く。社員寮はあきらかに企業として合理性のある事業だったのだ。

だからこそ各社は、自ら土地を購入し、建物をたて、厨房やベッドを購入し、寮長や賄いさんを雇用して、「社員寮」というサービスを社員に提供していた。さらにいえば社員寮は単なるハコではなく、若手社員の育成や一体感の醸成といった社会的意義すら持っていた。社員寮を健全かつローコストに運営するのは、それだけでひとつのノウハウであった。

実際には、各社は「社員寮の運営」がやりたかったわけではない。彼らは従業員に「良質で安価な住環境」を提供したかっただけだ。しかし当時は、自社でやる以外に選択肢がなかったので、しかたなく自社運営していただけの話だ。

ここで話をITに戻すと、昭和の社員寮はつまりオンプレミスだ。従業員にIT環境を提供したければ、自社でハードウェアやソフトウェアを購入し、保守運用も自社でやる以外に選択肢はなかったから、しかたなく自社運営していたわけだ。

--◇--

そして時はすぎ、「持たざる経営」がもてはやされる昨今。コアコンピタンスでない事業はどんどんアウトソースされるようになっている。社員寮にしても、土地を貸借し(Iaas)、建物(Paas)や設備(Saas)はリースやレンタルにすれば資産は膨らまない。しかもBPOSの場合、契約すれば即日利用でき、値段も安い。

しかし。社員寮の場合は、建物と設備を契約したからといって、その日から社員を入寮させるわけにはいかない(その日から社員に使い始めさせるわけにはいかない)。部屋割り(サイト構成)や規則(利用規定)、入寮者名簿(ユーザーID登録)、フロアの男女別(アクセス権)、引っ越し(既存システムからの移行)、通勤バス(既存システムとのつなぎ込み)といった、自社の状況に合わせたより社会的な考慮や決め事が種々必要であるし、それを取り仕切る鬼寮長(システム管理者)や食事を作る賄いの小母さん(ヘルプデスク)も必要だ。

そして企業が欲しているのは、建物や設備ではなく「社員への住環境の提供」である以上、そこにはニーズがある。そこで我々は、Sassに運営ノウハウとスタッフも合わせて提供する、フルパッケージ「社員寮」としてBPオンデマンドを作ったのである。

 

-----

少々話が長くなったので、これがなぜ「ナレッジ系」なのか?については次回に回したい。

とりあえず、来週、11月2日(火)に東京・新宿でこのBPオンデマンドを紹介するセミナーを開催するので、ご興味おありの方はぜひご来場いただきたい。私はスピーカーではないが、会場には居る予定なので、見かけたらぜひお声掛けください。

■ ────────────────────────────────────
■   リアルコムセミナー
■   「何に使える?何が違う?徹底比較で見つける SharePoint 事始め」
■     ~ BPオンデマンド徹底検証 ~
■ ────────────────────────────────────

◆開催日時: 2010年11月2日(火)16:00~18:00(15:30 受付開始)
◆開催場所: マイクロソフト株式会社 新宿本社 6F セミナールーム C 
         JR/都営線/各東京メトロ新宿駅より徒歩 1~3 分
         東京渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー 6F
◆内容
   ・グループウェアから眺める SharePoint ~Notes ほか、他ツールとの比較から~
   ・SharePoint 検討・運用の勘所
   ・運用方式再考
   ・情報共有システムの最適解 ~情報システム自己診断~
   ・SharePoint 活用最前線
   ・Q&A
◆定員  80名(定員になり次第終了)
◆申込先 下記URLからお申込みください(マイクロソフト様サイト)。    https://msevents.microsoft.com/cui/EventDetail.aspx?EventID=1032465759&culture=ja-JP

※なお、同日に下記セミナーも開催しているので、よろしければあわせてどうぞ。
https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032465754&Culture=ja-JP

-----

なお念のため、これはあくまでBPオンデマンドのセミナーであって、社員寮運営ノウハウに関するものではないことをお断りしておく(笑)。

ご参考リンク
 ・ リアルコム BPオンデマンド
 ・ いまさら聞けないSharePoint超入門

 

村田聡一郎リアルコム お問い合わせはこちら
(■Twitter始めました。よろしければフォローお願いします

 

※このエントリはZDNetブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および ZDNet編集部の見解・意向を示すものではありません。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]